キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

120: 名無しの心子知らず 2013/02/15(金) 19:56:24.46 ID:SjH+mZBP

運転代行をしてる旦那。

旦那から宣伝しといて~と普段言われていたから、
保育園の帰りとか立ち話程度で、
飲み会とかあったらよろしくね~程度にママさん達に話していた。

ある週末、子どもを寝かしつけようとしてたら、私の携帯に電話がかかってきた。
こんな時間に??と思って出てみたら、ベロベロに酔っ払った感じの女の人の声。

「〇〇さん~~?※※だけど~~~」

挨拶したことあるかな~~?くらいの保育園のママさんだった。

何で番号知ってるんだろう?と思いながら要件を聞いたら、

「旦那さんに迎えにくるように頼んで~~」


    このエントリーをはてなブックマークに追加

94: 名無しの心子知らず 2013/02/15(金) 08:24:28.84 ID:N8XJIht5

この間テレビの情報番組かなんかで、バレンタインを前に、ラッピングアーティストに聞く
素敵ラッピングアイデア、みたいなことをやってた。
そこで紹介されてたのに、「茶封筒を半分切って、膨らませてシールやテープでデコって閉じる」
とかいうのがあった。(説明下手でごめん)

そのアーティストのひとは、身近なものを使って素敵なラッピングをする、っていうのが売りなんだけど、
身近なものを素敵にするのには、ちょっとしたところに手間とか工夫を惜しまないことが大事で、
根本的にセンスが問われるよね。

テレビでやってたその茶封筒ラッピングも、マスキングテープとかシールがとってもオシャレで、
そういうところで実はお金かかるんだよね、って思いながら見てた。

…昨日うちの子にきた友チョコに茶封筒ラッピングがあったんだが、
みるとなんか住所書かれた痕跡が端っこに。その使用済みの封筒に、手作りらしきお菓子が
一個だけ、 直 で 入ってたんだよね…

そしてシールは、自治体がカレンダーにご利用ください、
って配ったゴミ分別スケジュール用のシール…

どんなにお菓子がやっつけでも、包装が家にあるものの寄せ集めでも、
小学生のバレンタインだし一生懸命やったねって微笑ましく思うべきなんだろうけど、
その子は男の子で、バレンタインに全く関心なくて、ママがひとりで張り切っててそれだから微妙。

特に親しくない子たちにまでママが「うち、あげるからよろしく!予約!」って言って回って、
当日も本人は仏頂面でついてきてるだけでママがハイテンションで各家に配って回ってた。

「ハーイ、予約の回収にきましたよー!」って。
そして「うちは今日あげたから、ホワイトデーはなしでヨロ!」だってw

なんでそこまでしてお菓子集めたいんだ…


    このエントリーをはてなブックマークに追加

84: 名無しの心子知らず 2013/02/14(木) 21:43:09.20 ID:HCSf4rWB

兄夫婦一家は食生活のせいなのか、姪は9歳にして既に服は(横幅的な意味で)
大人用のMサイズ着用、しかしデザインによってはピチピチ。

先週末、母の誕生祝いの食事会で姪に
「おばちゃん、そのワンピース可愛い!」と着ていた服を褒められた。

ありがとう、と例を言うとやはり無邪気に
「私も着てみたいなあ、私もう大人サイズだから大丈夫だよ、えっへん!」

えっへんって・・・と複雑な表情になっていると義姉に

「この食事会終わったら譲ってくれたら嬉しいな。
(私)ちゃんはそろそろそれを着るには痛い年だし。」

困惑していると、母が
「(姪)ちゃんは年いくつ?あんなおばちゃん臭い服はまだ着なくてよろしい。」
と助けてくれた。

確かに、よしんばサイズが合ったとしても小学生が20代半ば向けの服を着たら
そりゃ「おばちゃん臭い」よな・・・

幸い姪は諦めてくれたけど、
義姉は「余計なことを・・・」と母を睨み付けていた。

義姉がこれだから姪は体も神経も太るわけだ、
こんな人を選んだのが我が兄とは恥ずかしすぎ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

43: 名無しの心子知らず 2013/02/02(土) 07:55:18.06 ID:502QxAw6

幼馴染の友達とスーパーで買い物している時に、予想以上に買う物が少なくなったので
友達に少し多めにお金渡して、品物を全部カゴに移して並んでもらった。

お互いたまにあることだし、レジ混んでたからその時は特に何も考えて無かったんだけど
あまり関ったことの無い、子供のクラスメイトのママさんが何を思ったか

「私のもお願いー」

と、山盛りのカゴごと無理矢理友達に持たせてレジの向こうへ行こうとし……

まさか私の周りにそんな人が居るとは思ってなかったからビックリと言うか唖然というか……
こんなちょっとした事すらも気にして行動しないといけないのか、と遣る瀬無い気持ちになった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

11: 名無しの心子知らず 2013/02/01(金) 10:54:52.66 ID:A5CR1aTx

子供の幼稚園が一緒で知り合った私とAさんは付録好き。
ただし付録の使い方や時期が違う。
(私:買ったら気持ちが盛り上がってるうちに使う。
Aさん:買ってもしばらく置いておいて、周りと被らなくなったら使う。)

それは好きずきだし、それぞれ勝手に使えばいいと思うけど
一度Aさんに「周りと被るとかダサwww」とちょっとpgrされ、
情報交換なんかはそれまでと変わらずするけど
心の距離は何となくあけていた。

今日、幼稚園に子供を送りに行ったら教室からAさんが凄い勢いで出てきた。
「私さん!助けて!」と駆け寄ってくるので、そのまま後ろにいた園長に連れて行ってもらった。

すぐに「ヤフオクに出したらいくらになる」が口癖のBさんが出てきて「Aさん知らない?」
さあ知らない、慌てて出てきて走って行ったから帰ったんじゃない?と答えたら
「もう!あれ5千円くらいになるのに!」とぷりぷりしながら行ってしまった。

あとでAさんに話を聞くと、今日から使い出しただいぶ前に出た付録バッグにBさんが目をつけて

「それヤフオクで5千円くらいの値がつくんだよ、知ってた?Bがアカウント持ってるから出品したげる」
とAさんに持ちかけた。

Aさんがいくら断っても聞こえないフリしてもしつこく言って来るから早々に逃げたんだって。

Bさんは以前私の持ってたバッグにも
「そのブランドでそんなバッグ知らないよ。プレミアつくの?Bがアカウント持ってるから~」
をやらかしてくれたけど、
そこにAさんはいなかったし、心の距離を開けだしたときだから言うの忘れてたんだよね…

Bさん、付録バッグにも目端が利くみたいよって。
「やっとこのバッグが使えると思ったのにどうしよう…」とAさんに愚痴られて困った。

ちなみにねらーだと判明したのでここも見てるかもしれないAさんへ。
私がBさんに強請られたバッグの詳細を話したら
「それ、私が使うから持ってきて」とか言うのも十分セコケチですよ。


このページのトップヘ