64: 名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)12:40:59 ID:5ZZ

師走に入ると思い出す。

うちの親戚は、晦日に本家(家がでかいだけの農家)で正月支度をする。
とはいえ本家の手伝いをするわけじゃなくて、
男たちは全世帯分の餅をつき(もち米ふかすところからやる)
女たちは予め分担して作ってきた正月料理を詰め合う。
(叔母は全員分の黒豆、母は松前漬け、みたいな感じ)

子供たちは本家が持ってるみかん畑でみかん採ってくる係とまあ、楽しい集まりだった。
都合悪けりゃ来なくて良いし。

最後に和室に机並べて、みんなで夕飯食べて解散、までが一連の流れなんだが
ある時、一人のじいさんが立ち上がり乾杯の挨拶を始めた。

これが長い。すごく長い。
一族の絆だとか、世代へ受け継がれる何ちゃらとか、語るわ語る。

みんな仕事して疲れてる、のど乾いてるのに加え、
暖房も入ってるから喉カラカラ。

10分たった頃に
「なぁ、○○さん、そろそろ…」
とおじさんが声かけたら、
「まだ話しとるだろうが!卑しいやつめ!」
と叱り飛ばし話続行。

子供らが小声で親に
「まだ食べちゃだめなの?」
との声がしきりに聞こえ、
みんながうんざりし始めた頃、じいさんの話がどうやら終了。

やっと飲める!とみんなが安堵したとき、
のどの渇きに耐えきれなかったのか、
三歳児が、ジュースに口を付けてしまった。

それをめざとく見つけたじいさん、
今度はその子の説教にシフトチェンジ。

「まだワシが乾杯しとらんだろ!親の教育がなっとらん!」
と、長々と持論を展開しようとしたとき、
じいさんの息子にあたるおっさん(60代)が、

すしを手づかみで3貫くらい一度にばくっ!
ビールを瓶ごとラッパ飲み!

開いた口の塞がらないじいさんに、
「で?親が何だって?
仕事して喉乾いたって言う子供に、お預け食らわすのが親のすることか?」
と言い

みんなに向かって
「さ、食おうぜ!△△(ジュース飲んだ子)!がんばったな!
じーちゃん話長くてごめんな!やってらんねーよな!」
この声で、時が動き出したかのように一斉に飲み食い開始。

じいさんは力が抜けたように座り込み、
ばあさんに別室へ連れ込まれてた。

じいさん、曾孫が生まれてフィーバー中だったようだが、
その息子であるおっさんも当然孫フィーバー中。

席を立てず、布団で寝たくてぐずってる孫を
必死であやす子夫婦を見て、我慢ならなかったらしい。

ちなみに、△△もおっさんも、普段はとてもお行儀良いです。


65: 名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)17:25:13 ID:tqX

おっさん(60代)かっけーww


引用元: http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395389413/