キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2015年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

557: 名無しの心子知らず 2013/09/24(火) 19:00:46.58 ID:C4iaAuMP

歯科で働いて子供の虫歯を放置する親の多いことに衝撃受けた

子が痛がってるからと駆け込んできて
応急処置で痛みがなくなればその後の治療は無断キャンセル

半年、一年後にまた同じ所が痛いと駆け込み受診
その痛みは予想できた痛みですよと一言言ってやりたくなる


    このエントリーをはてなブックマークに追加

171: 名無しの心子知らず 2013/09/24(火) 07:54:06.50 ID:/28LZt4O

幼稚園の運動会前、男子の間でやたら瞬足が流行り、
運動会当日は新品の青い瞬足で来る男子がやたら多かった。

運動会中、トイレに行く時はお母さん役員先導のもと、
会場として借りてる小学校の校舎に入るため、
たくさんの子どもが一度に脱いだり履いたりするので、昇降口は青い瞬足だらけになる。

間違いを防ぐために、普段から必ず持ち物着るものには記名をと
幼稚園からお達しがあるのにもかかわらず、記名しない保護者も結構いる。

小学校のトイレは和式。
特に年少は和式がうまく出来ないため、
お母さん役員さんたちはトイレの世話で手一杯になり、靴の管理までは出来てない。
そういう時に、役員でもないのに、うちの子和式出来ないからーと乗り込んで来て、
さりげなくよその子の無記名の新品と、
自分の子の履き古しの瞬足を取り替えるママがいた。

しかもマジック持参で。

このママの子どもは何人かいるけど、その子たちの代の卒園式後に、
保護者宛に幼稚園から一斉メール連絡で、
子どもと成人男性の靴の取り違えがあったと届く。

卒園後、その子たちと同じ小学校のママからは、
その子たちは人の持ち物を気に入ると勝手に持ち帰り、
名前シールを張り替えて私物化することがたまにあり、
先生からもマークされてる様子と聞いた。

運動会シーズンで思い出した。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

233: 名無しの心子知らず 2013/09/24(火) 22:46:25.09 ID:5SMmbFuk

久々に実家に帰る事になった俺

高校時代の同級生たちとゲームをして、罰ゲームをする事になった。
内容は、女装して近所のスーパーで生理用ナプキンを買う事。
やる事が高校時代から変わらないなぁと思いつつも、
一緒にゲームしていた女友達にメイクをしてもらい、服も貸してもらった。

で、当日スーパーで買い物をしてた。
生理用ナプキンは買ったし、
それだけじゃ寂しいから姪っ子の服や義姉の服まで買ってた。
そうしたら、いきなりタックルされる

驚きながらタックルしてきた犯人を見ると、
子連れの女性で、やけに知ってる顔。
っていうか、義姉だし。

そんな義姉は、俺だって気づいてない様子で
「この女がアテクシにぶつかってきてふじこぉーーーー!」
と言い始めた。

子どもの手を引いてぶつかってきたもんだから、姪っ子は可哀想にギャン泣き。
(俺の顔を見て泣いたとは思いたくないっす)

姪っ子をなだめていると、
友人達が現れて「こいつ俺兄の嫁じゃね?」って言ってきた。
そうしたら、義姉の顔が蒼白になって、
「姪っ子、逃げるわよ!!!」って言って子供を連れて逃げ出した。

周りの人が警察を呼んでたみたいで、色々と話す事になる。
で、出るわ出るわ姉の犯行。
他のスーパーで何度か同じことをしでかしたらしくて、
姉は出入り禁止になったんだとさ。

最後、警察の人「いやぁ、弟さんが体をはって悪事を暴いてくれるなんて!!!」とか言われた。
まぁ、そういう事にしておいてください。

警察から帰る途中、友人が兄貴(俺兄)に電話をしてたらしく、兄貴が迎えに来てくれた。
「またやったのか……」って言って、兄は姉と離婚をしようかと考えていた事を話してくれた。

最後に、女装してたって言ったら義姉に「キモッ」って言われた事に傷ついた記念カキコ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

441: 名無しの心子知らず 2013/09/22(日) 00:23:24.70 ID:F93tNN38

思い出してはもやもやしてしまう。

先日、買い物へ行く途中に
「ママー!」
と、後ろから泣く声が聞こえた。
午後4時頃、幼稚園や保育所のお迎えが多く、それ自体に疑問はなかったのだが…

なんとなく振り返ってみたところ、小学校低学年と思しき体操服の男児が、
泣きながら、転びながら、必死に走っていた。
保護者らしき姿は近くにない。

脳内「???」で、歩きながら見ているうちにその男児は私を追い越し、
すぐ目の前の信号でようやく止まった。
「ママ…ママ…」とすがりつく相手は、自転車!?

確かにこの人にも追い抜かれたけど、男児とは軽く10m近く離れていたから、
まさかと違うだろうと思っていた。

けれど、その人の自転車の前カゴにはランドセルと帽子が入ってた。
たぶんその男児のもの。

しゃくりあげながら男児は自転車を掴んだが、親はケータイで通話中。
男児を心配するどころか、話しかけもせず、
背後の子供用シートに座らせようとするわけでもない。

ちなみに、子供用シートは空で、買い物後の荷物が積んであるわけではなかった。

唖然としたが、そのうちに信号は変わり、
その母親はモーター付き自転車で走り去った。
もちろん子供は置いたまま。

再び「ママー!」と泣き、走り出す男児。
その親は信号を斜めに横断し、歩道に入らずそのまま車道を走り続けた。
と思ったら、この数分ではじめ後ろへ向かってかけた言葉が「こっちよ~」。

この信号は上下合わせて4車線の国道を横断する。
子供を置いて自分は自転車、というだけでもドン引きなのに、
右折左折の車がいつ来てもおかしくない車道を小さな子供に一人で走らせるとは…

私自身は小学生の子もおらず、通報するにもせいぜい学校名と学年程度しかかわらない。
あの子は無事成人を迎えることができるのだろうか。


このページのトップヘ