キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2015年06月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

67: 名無しさん@おーぷん 2014/08/14(木)17:45:05 ID:cW50LMWwb

私は現在、大学に通うために実家から遠く離れた大都市に住む
叔父(父の弟)さんのマンションでお世話になっている。

私は音楽が趣味の叔父さんの影響もあって
大学では素人ながら軽音楽部に入部し、
そこで同じ学年の彼氏ができたのだが、
その彼が突然、叔父さんのマンションに自分も住めないかと言い出した。

彼は現在一人暮らしなのだが、家賃が浮けば親も喜ぶ、
その分少しは仕送りも増えるだろう、バイトをしなくてもすむ、
その分音楽に打ち込める、将来はプロに(初耳)と、
大体こんなことを言っていたような気がする。

確かに2人で住むには広すぎるマンションだとは言ったが・・・orz

彼と叔父さんが同じ楽器を弾いていて、
正直マニアな叔父さんが学生ではとても手が出ないような高価な楽器や音響機材、
大量のCDやDVD、楽器の教本などを持っていることも理由の一つだと思う。

そこ(叔父さんの家)が自分にとっての「ベストな環境」だと言っていたから。
余計な情報を彼に与えてしまったことを激しく後悔した。

こいつは一体何を言っているんだと思い、

「ありえない。ムリ」

とだけ言って、そのまま帰省してきた。

なんかメールを送ってきてるが、正直引いている。

9月になったら向こうに戻る気でいたが、気が重くて仕方がない。

そして、もし仮に私が折れたとしても、
買って1年と数ヶ月のあの新築マンションを愛して止まない叔父さんが
若い男を家に入れるなどということは絶対にない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

122: 名無しさん@おーぷん 2014/09/15(月)00:53:59 ID:gMNZjcMlb

ある飲食物の「教室」的なものに通っている。

その飲食物を購入している店から
「参加してみませんか」
と誘われて参加、

「今回人数が少ないんです、来てもらえませんか」
と言われて参加、

とかやってるうちに常連になっていた。

私がその店から買うものは固定していて定期購入しているから
正直「教室」に通う必要は全然ないし興味もそんなにない。
でもまあ内容がお得なのでいいかと思って参加していた。

ただ内容がお得すぎていつも主催者が悲鳴を上げてる状態なので、
もっと頻度を落とすかグレードを下げればいいのにと思っていた。

ある時の教室にまた全然人が集まらなくて、ついに主催者がキレた。
教室は販促のために赤字でやってるのに、
教室で出したものが全然売れないって。

中には教室にだけ通っている人もいて、
ぼろくそに言われていた。

赤字でやってあげてる教室に来て
お得な内容だけ堪能しておいて、
店に全然お金を落とさないのが図々しいって。

おまけにせっかく開いてあげた教室にも来ないとはどういうことかって。
なんかもう言うこと滅茶苦茶じゃん…。

そんなに負担なら教室やめたらいいじゃんよ。
どうせ売れないんでしょ?
来てくれと言われて行ったら責められるとか、意味不明だよ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

837: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)11:12:13 ID:???

連れて歩いたら誰もが振り返る超派手派手系美人A子と
1年つきあい結婚した友人B。

まわりの誰もがA子は連れて歩くには自慢できる女だけど
女房にする女じゃねえぞーと説教して止めたのに、
Bの親も反対したのに自信満々で結婚してしまった。
デキ婚ではない。

Bの家は裕福なので
「やるならやるで仕方ない」
と親も諦めたのか
100%B親の金でド派手結婚式。

披露宴ではA子の親が
「娘が金持ちと結婚できて嬉しい」
とド直球のスピーチ、
親戚ぐるみで寄りかかる気満々。

Bの親友Cが
「入籍は式と新婚旅行のあとにしとけ」
とさんざん忠告したのに
Bはさっさと結婚届を出してしまい、
新婚旅行へ旅立って行った。

旅行から帰国してすぐ不仲。
現地の男にA子が色目使いまくりでBがキレたらしい。

新居に住みはじめたが
A子は家事できないしする気もなく、
かといって働きもしない。
新居にはA子の親が毎日のように来る。

「だからあれほど言ったのに」
とCが言うと
「でも結婚したらA子も落ち着いて普通の奥さんになると思ったんだ」
とB。

Bはなんの根拠もなく
「結婚したら女は地味作りになり、家事をするもの。
女は自然と料理ができるようになるもの。
女は生まれつき綺麗好きなもの」
と信じていた。

でもA子は結婚しても
いつまでも長~い爪してキュウリひとつ切れないし
掃除しないから汚部屋、主婦の節約どころか金バカスカ使って外食ざんまい。

Bが
「結婚したのに、あれあれ、なんで?
なんでA子は奥さんにならずに結婚前のA子のままなの?」
とポカーンとするばかりだった。

なまじBの母親ができた母親だったから
「女は皆ああなるもの」
と思っていたふしがある。

母親が主婦の基準で、
主婦は皆あんなもんだと思っていた。

しかしいつまでもA子は主婦らしくならない…なんで?
と本気でとまどっていた。

Bの家が裕福で援助できるもんだから
今だ結婚生活は低空飛行ながら続いている。

Cが
「おまえは男だけど生まれつき日曜大工ができるわけじゃないし野球もうまくないだろ
A子だって料理教室かなんかに通わなきゃ女でも料理は覚えない」
と諭しBはA子に料理教室に通えと命じたが

「結婚前といってること違う!
昔はキレイにしてればそれでいいって言ってた!詐欺!」

とキレられ
どうしようもないらしい。

A子はまごうことなきクソ女なので今更衝撃ではない。
Bの甘い考えが衝撃だった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

203: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)22:59:47 ID:WG3Xh5CY3

2年かけて100キロから50キロまで痩せた。
最初は膝に負担がかかるから食事制限とストレッチ。
半年かけて20キロ落とした。
それから運動をしてやっとこの体重。

おかげで今年結婚が決まったんだけど、
それを知った友人が家に凸ってきた。

「私も痩せて結婚したい!」

というので上記の方法を教えてあげたら

「えー、そんなの出来ない。やっぱごはん美味しく食べたいし」

と返された。

いやいや、太るのは簡単だけど
痩せるのは大変だって事は知ってるでしょ?
と言うと

「だってあんたは痩せたじゃない!
私にだって痩せられるのにそんな無理難題を言うのがおかしい!」

と帰って行った。

その後、私の婚約者に
「私子は脂肪吸引で痩せたんだよ!
そんな偽りの私子より天然ものの私にしない?」
とモーション掛けた。

婚約者が

「いや、私子は努力で痩せたんだ。
俺がトレーナーになって頑張ったのを貶すのは失礼だ」

と言うと再び帰って行った。

そして今日、再び凸して

「やっぱりダイエットの方法教えて~。
婚約者さんイケメンだね。私にもあんな旦那が欲しい」

と言ってきたが追い返した。

思い出せば高校時代もよく人の物を取ってたやつ。
そんなやつに教えることなんてなにもない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

849: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)15:04:02 ID:flfNiFsPO

修羅場と呼べるか怪しいものですが…
2年間付き合った彼女に、他に好きな男ができたから別れてくれといわれた。

俺に対して特に不満がある訳でもなく、
ただ間男の方が魅力的だからという理由。
その間男の名前をカケルとする(名前はフェイク)

当初学生だったしバイトはしていたが
彼女が浪費家+デートに遅刻は平気でして来るわ
割り勘は嫌がるわで大変だったのもあってか俺も

「お前が別れたいなら仕方がないな」

とすんなり別れた

それで暫くして街中を歩いてると
別れた彼女(元カノ)と今彼のカケルが腕を組んで歩いていた

カケルの外見はイカツイグラサンヤンキー。
うへぇ…と思いつつもその場をさり暫くして元カノからメールが来た。

メール内容
カケルうざぁい!(顔文字)俺君慰めてぇ~!まぢうざぁい!

さっきまで楽しそうに腕組んで歩いてた癖に何いってるんだ…
とメールを無視


    このエントリーをはてなブックマークに追加

824: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)00:09:57 ID:???

俺は月に1、2回ほどしか外食をしないが、
どこにでも料理の写真を撮っている人はいる。

写真を撮る人たちについては最近まであまり気にしていなかったのだが、
先日ファミレスでかなり強烈な人を見かけた。

その日ファミレスで、俺の隣のテーブル席には40代くらいの夫婦がおり、
さらにその40代夫婦の隣に20代くらいの夫婦がいた。
その20代夫婦がすごかった。

スマホで料理を撮る際に手鏡で光を反射させたり、
サングラスや小さな人形をテーブルに配置していた。
どう見ても、食べることよりも撮ることがメインのようだった。

彼らが店員に

「このパスタの皿、構図的に丸より四画がいいんですけど…四画に替えてくれません?」

と頼んでいるのを耳にした時、
本当に何かの冗談かと思ったわ。
もちろん店員はそれを断っていた。

終いに彼らは俺のすぐ横に座っていた40代夫婦に、
写真に写りこんでしまうからどいてくれないかと頼んでいた。
もちろん40代夫婦はそれを断っていた。

すると20代夫婦の奥さんが

「席なんていくら立っても減りませんよ。
私はツイッターに良い写真アップしないと
フォロワー減るかもしれないんです。大変なんです」

などと真剣に訴えていた。
はっきり言って、ここまで重症な人は珍しいと思ったわ。

それでも40代夫婦は断り続けたので彼らは軽く口論になってしまった。
そして、それを見ていた近くのテーブル席の高校生集団が面白がっており、
その口論の様子をスマホで撮っていた。

飲んで~飲まれて~じゃないけど、撮って~撮られて~という感じだった。
撮られていることに気づいた彼らは更に激昂するし、もう散々だった。
すさまじい場面に居合わせてしまったなと思ったわ。

そのあとは俺が店員を呼んでなんとかその場はおさまったわけだが、
20代の写メ夫婦は店長に

「次にこのようなことがあれば出入り禁止にする」

と言われていた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

796: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)10:34:31 ID:???

私は45歳既婚で高校生の子が2人いる。

45歳という年齢はとても微妙で、高校時代の友人の中には、
3歳の子持ちと3歳の孫持ちがいる。

私には3歳の姪がいるので三歳児の話で盛り上がる。
その三歳児の子持ちAが「おばあちゃん」と言われてショックだ、と嘆いていた。

私もビックリ。
Aは晩婚で、独身時代を謳歌していた。
ご主人はエリート。

結婚10年でやっと授かった子なのでとても可愛がっている。
美容やファッションにもとても気を使っていて、
私には羨ましい限りのリッチで若々しい夫婦だったんだけど。

最近はメールばかりでずいぶん会っていないので、
久しぶりに高校時代の仲良しでA宅に集まる事にした。
Aはみんなに会いたい、と言うので、Aと疎遠になっていた友人達にも声をかけた。

久しぶりに会ったAを見て、全員ビックリ。
おしゃれでスリムなAは、
白髪交じりののひっつめ髪でスリーサイズが全て同じ状態。

これがジュリアナで扇子振ってたAか、と茫然。
太ったとは言っていたけど、ここまでとは

普段着もブランド服だったのに、ノーブランドの服を着てた。
お金の問題ではなく、サイズが原因で。

A子ちゃんが全身ブランド物で
まるで七五三のようだったのと対照的だった。

顔はきれいなんだよね。
年齢よりはキレイだと思う。

でも、白髪がすごく老けてみさせる。
私たちはもう子育てが一段落しているので全員仕事をしている。

最近は安い美容院が多いから毎月カットだけはしているよ、
とか、毛染めは自分でしてるとか
失敗が怖いから美容院で染めてるなんて話しながら歩いてきた。

久しぶりに会っても不思議な事に、
話始めると高校生の頃みたいに和気藹々となるのが不思議だよね。

すごく楽しかったんだけど、
Aが、子育て大変大変と言い出した。

でもね…。
Aと友人達が疎遠になったのは、
Aが育児で悩む友人に「甘え」だの「旦那に協力させろ」だの
まあ、独身ならではの育児論を展開したから。

うちらの子育て時代は
旦那たちもまだ20代の若手社員で忙しい盛り。
給料も安かったし、夢中で育児していたんだよ。

それを優雅な独身貴族が
わかりもしない育児に口出しして喧嘩になった。

結婚したのも子供を産んだのも
自分たちの意志なので仕方ないんだけど、言い方が
同じく独身だった私にもちょっとな感じだったんだよ。

毎月オシャレ染めとカットに美容院に行くAに、
羨ましいな、私はもう半年美容院行ってないよと言えば
主婦だからって美容院くらい行かないと!!旦那に子供預けていきなよ。
休日は旦那が子守するべき!!主婦だって休みが必要だよ!!って感じ。
じゃあ旦那の休みはいつなんだよ、ってツッコんだ記憶がある。

A旦那は子煩悩で、夜遊びもせず
休日もゴルフもジムもきっぱりやめて育児に参加しているんだけど、
それでも大変大変って言ってる。A親は老人ホームだしね。

結局、私たちにいろいろしてくれたアドバイスは現実にはすごく難しいらしい。
自分にかける時間もお金も、子供に使いたいってわけ。
ママなら、自分の事は二の次、子供が優先なんて普通なんだけどね。

まあA家が裕福なので、年に数回旅行へ行っているし外食も多い。
教育費もうちの子達とはケタ違い。正直羨ましい。

ライフスタイルは人それぞれ。
でも、Aの大変大変を聞いてるとなんだかもやっと来るので
会うのはそこそこにしとこうかなぁと思っている。
そして髪はマメに染めようと心に決めた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

223: sage 2014/10/01(水)21:54:04 ID:???

私の家庭の話しを一つ。

父低学歴キレやすい酒好き。母宗教にドはまり。

昔から何度も何度も離婚だ何だ揉めて、
結局妹(父母両方同じ。浮気はしてない)が生まれて治まったように見えたけど、
根本的解決にはなってない。

小学生の時は母の宗教に洗脳されてて

「お父さん、(その宗教の映画を)一緒に見よう」

と誘ったり、変な呪文?とかを唱えたりしてた。

中学校くらいから両親の喧嘩が多くなって、宗教自体より
「親の仲を悪くするモノ(宗教)」
に嫌悪感を抱くようになった。

高校時代には両親の喧嘩も増え、完全に宗教を嫌いになった。
私も弟も妹(幼児)もいるのに宗教を続けてる母を気持ち悪く思った。

毎日リスカまではいかなくても、
自分の指を爪で剥いで血を出して落ち着いてた。

両親が共働きだったから妹の面倒も見てた
(高校終わってから保育園に迎えに行ってそれから面倒みるだけだけど)
高校も部活をしないで妹の世話ばかりしてた。
大学はそんな両親と別れたくて県外の大学に行った。

幼稚園の先生になりたくて、
資格がとれる大学に行ったけど
実際地元で就職するには県外の学校は不利でしかなかった
(私の地元は卒園生とか、コネを大事にする)

学費は流石に親に出してもらったけど、
奨学金を借りられるギリまで借りて
バイトもして4年の時には貯金もあったから
奨学金とらないで自分のお金だけで生活してた。

何が修羅場かって面白みもない文章になってしまったけど
小学校の時に両親に

「お父さんとお母さんどっちが好き?」

って聞かれたり

中学校の時に母親が意味不明な宗教理論叫んで
父親が暴力振るって怒鳴ったり

高校の時に妹が生まれたばかりなのに
相変わらず「カミサマカミサマ」言ってる母親を目の当たりにして
離婚云々言われてる気持ち悪いのがハハオヤだって思い知ったり

大学行って就職して、やっと実家と距離置けたけど、
実家帰る度父に母の愚痴(宗教の事)聞いて、
昔の私の苦労(父も母も庇って自分の存在でしか両親を繋ぎとめられない必死な抵抗)を
まんま妹がしてると聞いたり

結局自分が辛くて、弟や妹にそんな思いさせたくなくて
せめて私だけでも自律しようと思ってたのに、
結局何も出来なかったなぁって
自己嫌悪に駆られてる今が一番の修羅場かな。

妹は既に母の宗教に洗脳されてるみたい。
あんなに大好きだった妹でさえ汚いものに見えるから不思議。

今は私の家庭環境を知ってる彼氏と
新幹線2時間の距離で同棲してて、
毎日大切にしてもらってる。

自分の事
「いらない子」
「カミサマの目が無いと愛せない子」
だと思って自暴自棄になってたけど、
毎日凄く大切にしてもらって少しずつ自己愛っていうのかな?
自分を大切にするって事ができはじめた。

仕事も大変だけど楽しいし、
彼氏と一緒だと自分が生きてていいんだって、
自分の人生を胸張って謳歌出来るのが幸せ。

両親の喧嘩を見るのが辛くて
無一文裸足で家出した事もあったなぁって思いだして書いてみました。
お目汚しになってしまってすみません。

私の20年間ずっと続いた修羅場な日々でした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

172: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)08:53:43 ID:re7fq8I2N

もうずっと昔のことだけど小~中と苛められてた。
理由は汚物系というか、菌とかゾンビとか伝染るとかそういうの。

女子は距離置き、男子が率先して言葉の暴力やら投石やら。
中学に入ってからはどっちも距離置き、無視に変わったけど。

原因は私の家にあって、不倫して出来た子供だから汚いって。
実際は違う。

そもそも私は母の連れ子だし、
両親は最初の離婚をするまで友人同士でしかなかった。

でも離婚した後で父(正確には養子縁組はしなかったけど)の
元奥さんが発狂(当時はこう表現してた)。

元奥さんの娘Aは祖父母に引き取られたけど、
大層私の母を恨んだようだ。

運悪く私はAと同学年で、小5の時にAの母(父の元奥さん)がよくなってから
一緒に暮らすため転校してきて、私への苛めが始まった。

当時父は単身赴任、母は伏せりがちで心配かけたくなくて黙ってた。
担任は事なかれ主義でどっちの味方もしなかったし、
2年間仲裁も何もしなかった。

Aと取り巻き女子の2人が中心となって馬鹿男子を操って、
私への苛めを2年にわたって続けられた。

中学に入ると無視られるようになったが、
別小の子たちと仲良くなったしさほど苦ではなかった。

それでも、DQN男子から
いきなり廊下で背中に飛び蹴り食らったりもしてた。

私から見てもAは大層美人で愛想もよくて可愛らしく、
言いなりになってる男子も何人かいた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

789: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)00:38:38 ID:???

俺が1年半前まで勤めていた会社では、
毎週月曜日の朝礼のときに脳のトレーニングをしていた。

俺がいた部署は10人ほど社員がおり、
社員たちが持ち回りでなぞなぞ等を考えてこなければならなかった。

会社としては

「脳を活性化させて生き生きと仕事をしよう」

ということだったが、
特に出題者は疲労困憊するだけだった。

そしてある女性社員(既婚)に出題の順番が回ってきた時、
彼女は物凄い問題を出してきた。
今考えても、あれほど衝撃的なことを言った人は他にいないと思う。

その問題は

「私は結婚しているわけですが、この会社に好きな人がいます。誰でしょう」

というものだった。

それに対して男性社員の何人かが自分自身を指さして
「答えは…俺!?」
と茶化したりしていたが、
皆その女性社員に引いていたことは間違いない。

彼女は

「あなたたちではないです。実は、今日たまたま会社を休んでる
上司のAさんが好きなんです。
私はAさんと浮気しているわけではなく、私が一方的に好きなだけ。
Aさんにはこのこと言わないでください」

というようなことを言った。
ちなみにAさんも既婚。

ただでさえ毎週この脳のトレーニングタイムは
皆テンション低めでグダグダになるのに、
その時は史上最高に気まずかったわ。

しかもAさんがいないところで「Aさんが好き」と告白し、
それをAさんに伝えるなという展開は意味不明すぎた。

もう誰も茶化すこともできず言葉を失っていたんだが、
告白した当の本人はすがすがしい顔をしていた。
そのうち誰かが、俺たちはどうすればいいのかと訊いた。

そうしたら彼女は
「緊張感をもって見守っていてください」
というようなことを言った。

Aさんに直接好きとは伝えず他の社員だけに伝えることで、
今後その女性社員とAさんが話をしているときなどに
場が緊張する効果を狙ったらしい
(そのように女性社員が説明していた)。

どこからそんなありがた迷惑な
恋愛スキルアップ情報を仕入れたのか知らないが、
とにかく次の日Aさんが出社した時から確かに緊張感は生まれていた。

結局、緊張感が生まれただけでその後は何も進展はなかったようだが、
あの朝礼の時はとんでもない爆撃問題を落とされたと思ったわ。
正直、あそこまで負担をかけてくる社員は見たことない。


このページのトップヘ