キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2016年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

939: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)19:46:36 ID:B2A

その場でやった復讐というかなんというか

修羅場で会社(というか店舗)に泊まりこみで仕事してて2日目
どうしても耐えられず一旦家(マンション)でシャワー浴びようと帰ることにした

夜中の2時とかなんでそーっと鍵開けて入る
アンアンとアノ時の声が聞こえる

は?
と、思考停止したままそっとベッドルームのぞくと男が嫁の上で腰振ってた
ωも*も丸見え

間男の名前らしきものを叫びながらあえぐ声が俺の脳に刺さる
唖然とした

そっと台所に引き返して包丁2本持ってベッドルームに向かった
そん時は何考えてたか全然覚えてない

やったことを考えると後先も何も考えてなかったと思う
*に向かって包丁刺し出したら、尻が向こうから刺さりに来た

絶叫が響いて、なんだかすごいことになった
尻から血が出て押さえてるのになんでか前からは元気よく汁飛ばしてるし

それから救急車が来て間男は病院へ
汚嫁と俺も病院へ

警察も来て色々話してたところに間男の親が凸してきた
俺に殴りかかろうとしたところを警察が止めて事情説明

その後間男親、態度変えて平謝り
汚嫁と俺は病院で何か話してたはずだが全く覚えてない


    このエントリーをはてなブックマークに追加

893: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)08:52:22 ID:???

まだストーカーって言葉が無かった頃のお話です。

小学生の頃、近所に引っ越してきた家族がいて、
そこに10歳上の男性(以下A)がいた。
今思えばAは無職のパラサイト。

小太りで無害そうだったためか、
たまに近所の子供達の遊び相手になってた。

そのA、私が中学生になるとストーキングをするようになった。
登下校時についてくる(下校時は門の近くの文房具屋で待ち伏せ)、
家のそばをウロウロする、

土日に出かけると追いかけてくる(もちろん撒く)、
手紙や飴玉を渡してくる

飴玉は捨てて、手紙は最初だけ読んで
2回め以降は読まずに捨てた。

手紙の内容は支離滅裂で意味不明、
長文で告白ですらなかった気がする。

宇宙とか過去と未来とかなんとか。
告白だったのかも知れないが、それはそれでアウトだった。

うちの両親がAの両親にクレームをするも、
Aの両親は「まあ子供のすることですから」と話にならない。

20代なかばは子供じゃないだろっと両親は呆れたが、
A両親はどうも「嫁を貰えばAはしっかりする」
と考えていたらしい。

ある時庭にAが侵入してて母が警察を呼んだ。
しかしAは「投げたボールが庭に入って取りに来た」と言い訳をし、
警察もなあなあで済ませた。

うちは祖父の代から住んでる土地で引っ越すのも納得がいかないし、
私も転校は嫌だったから、自衛するしかなかった。

洗濯物を干す時も庭は避け、
家や学校の出入りも裏口や裏門を駆使し、
暗くなってからは一人で出歩かないようにしたりした。

それでも危険を感じた私は、
自宅よりも学校にほど近い叔母(独身一人暮らし)宅に住まわせて貰って
学校に通うようになった。

叔母宅は新興住宅地で新しい家だし、
自宅に比べて周りに住んでる人の目も多いので多少安心だった。

そうして不安な日々を過ごしているある日、Aが死んだ。
なんと私が叔母宅にいることを知り、
叔母宅の裏の山から侵入を試みて滑落死したらしい。

新興住宅地は山を切り開いて造成されていて、
裏の山の半分をほとんど垂直に削って崖状になっていた。

Aは何を考えたのか、
深夜その崖を降りて私のいる叔母宅に侵入しようとしたらしい。

人に見られる可能性があるとはいえ、
叔母宅は要塞でもなんでもなく、
侵入自体は正面からでもなんなく出来る。

防犯カメラとかいった気の利いたアイテムも無い時代、
おそらく人目を避けるためだけに20mはありそうな
崖を落ちていったAの存在が衝撃だった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

47: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)18:22:16 ID:eoK

不意に思い出した学生時代のプチ話。

大学のオープンキャンパスの手伝いしたら、教授から
「お疲れ様、これでみんなでご飯食べておいで」ってお金をもらった。

それで、6人でお好み焼きに行って、
それぞれ別なものを注文してみんなで分けようかという話になった。

それぞれ注文したものが来て焼き始めて、
最初に焼き上がったAさんのお好み焼きに「一口ちょうだい」と私が箸を伸ばすと
「まだあげるって言ってない!」と厳しい口調で言われてしまった。

あ、まずいことしちゃったなと思って箸を引っ込めて
「ごめんね。私のもどうぞ」と返してみたら、「いらない!」とぴしゃり。

これは本格的に怒らせちゃったかと、
もう一度「ごめんね」と謝ったら、ぼそりと「ずうずうしい……」

場の雰囲気悪くなるから、その場は私がもう一度謝って済ませたけど、
ずうずうしいのはお前の方だと言い返したかった。

そもそも貴女は学部も学科も違うのに、何でここにいんの?
なんでさも当然の顔してうちの学科の教授の金で飯食ってんの?と。

Aさん、私たちがどこに食べに行くって相談してた時に急に入ってきて
「私も行く!」って勝手についてきただけ。
(その時一緒にいた子の友達だったから無下に断れなかった)

2次会にもついてきたし、最後は余ったお金を教授に返そうと言ってたら、
「使い切ろうよ!」とコンビニで自分のお菓子だのアイスだの買ってた。

他の学科の打ち上げに、呼んでもいないのに勝手に混ざってきて、一番金使った人の話。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

649: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)19:52:00 ID:lUP

「読書が趣味」という人間をかたくなに認めないAというやつがいる。

「読書wなに高尚ぶってんのww」
「嘘乙wウィキであらすじ調べたんだろwwダセーww」
と突っかかって来る

別にそんな高尚な本とか読んでるわけじゃなく東野圭吾や司馬遼太郎とかでも
「読書家ぶって乙wwモテたいの?」と絡んで来る。
正直めちゃウザい

俺と彼女が大好きな小説が何度目かの映画化され、
DVDを一緒に見た。

俺は「原作イメージにピッタリだった」と主張
彼女は「キャストは良かった。演出がイメージと違う」と主張

でも別にケンカしてるわけじゃなく、
なごやかな意見交換?という感じだった。

そしたらAが絡んで来た。
「意見が合わないのはおまえら二人とも実は原作読んでないから当たり前w
B(俺)はウィキ読んで、そっちの女は×××(聞き取れんかった)でも見たんだろ」

俺も彼女もポカーン
え、なにこのキチガイ…という空気になり
なぜか「ごめん」と謝る俺。

Aがさらにグジャグジャ言ってきたので席を立って逃げた
あとでAから「かっこつけカップル乙w」みたいなメールが届いて本当神経わからんかった


    このエントリーをはてなブックマークに追加

45: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)12:58:55 ID:uLf

身長165cmで体重は80kgぐらい
(もっとあるかも。W110は確認済み)の義姉が
それまで家族共用の車しかなかったのが、
マイカーを買うことになった。

その義姉が選んだ車がメルセデスのsmart。
自分専用だから2人乗りでいいやってことで、
トヨタのIQと迷ったそうだけど
オモチャみたいな感じが可愛い♪と、こっちに決めたそうだ。

内心、車名でIQ選んだ方が良かったんじゃ?と思ったけど
買った後で言ってもしょうがないので黙ってた。

しばらく経って、私が自分専用で乗ってるRush(フェイクです)と
交換しようと言ってきた。

大嫌いな友達に
「デブがスマートって何の冗談w」
って哂われたらしい。
(てか“大嫌いな友達”ってなんだよw)

義姉、そこには全く気が付いてなかったらしくて、
そんなこと言われて初めて
この車に乗ってることが恥ずかしくなったそうだ。
(smartの本来の車名の意味は違うし、
オーナーさんを貶めるつもりはないです)

それで私の車に目を付けて
「買ったばかりの外車を中古の国産車と交換してあげる」
と上から交渉してきたけど丁重にお断りした。

私はこの車が気に入ってるし、
電気自動車はよく分からないから面倒臭い。

外車とかsmartとか興味ないし。

そしたら今度は
「普通は嫁に来たら旦那の親兄弟といい関係を築こうとするもんだ。
姉がこうしてほしいと言えば有難く受け入れるもんだ。全く最近の嫁は・・・」
と言われた。

知らんがな(´・ω・`)

しばらくこの件で何度も電話があってしつこく言われて
旦那からもいい加減にしろと言ってくれたりもしたが
最後は義母の「おまえが痩せれば済むことだ」で終了した。

ちなみに結局買ったばかりなのに中古車センター(?)に売りに出して
中古の国産車を買ってた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

971: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)10:59:46 ID:B22

母が小説家だったと知った事。

結婚前に小説の新人賞をとってデビュー、
2冊ほど本を出したが売れなくて廃業したらしい。

その後見合いして父と結婚、
今は事務員パートで普通のおばさん。

伯母の家に行ったとき母の旧姓+名の本があって初めて知った。

驚いたことに父も知らなかったらしい。

母が言うには
「売れなかったし、恥ずかしいから。もう絶版だし言うほどのことでもないでしょ」

私はすげーと思ったが亭主関白タイプの父は「母に受賞歴があった」事に
プライドが傷ついたらしく以後モラハラ父になってしまった。

何かというと
「作家先生は違うね」だの
「小説家のセンセイなら何とかできるだろ」と
チクチクイヤミ&すべてを母に丸投げするようになり
ああ、だから母は黙ってたんだなと納得した。

結局「一族の大岡越前」こと曾祖母が父に
「おまえ、ひがむな」と一喝するまで
くだらないモラハラは続いた。

半年くらい家の居心地が悪くて最悪だった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

73: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)03:45:01 ID:z89

大学生のアホ男にツイッター画像にキモい虫の写真載せて、
フォロワーの女の子が嫌がるのを楽しんでた奴がいた

フォロワーの子たちはサークルの後輩とかで、
立場上フォローはずしにくい子ばっかり

ある時またフォロワーが増えてた

その子はサークルの新人、
おっとりしてて可愛らしい女の子だった

そんな女の子に向かってアホ男が
早速ゴキブリの写真を送りつけたら、新人の子
「ゴキブリって、クワガタムシを可愛くした姿に似てますよね!!」
とリプを返してた

アホ男はそれに対し
「そんな可愛いゴキブリを喰う蜘蛛がいるんだぞ」
とアシダカグモの画像を貼り付けた

新人の子は
「アシダカグモかっこいいですよね!
こう、がっしりした骨格!太い足!
でも恥ずかしがりやで人目に触れることが滅多にないですよね」
と対応

アホ男は更にマイマイガとマイマイガの幼虫を貼りつけて
「最近大量発生して困るよね」

新人の子
「毛虫って可愛いですよね、
でも私、尺取り虫の方が好きです(尺取り虫の画像」

「先輩って蛾が好きなんですか?
蛾って奥深いですよね、私こんな蛾も好きです(蛾の画像」

とアホ男に負けず劣らずの虫画像で応戦

更にサークル室に蛾が入ってきた時
「アホ男先輩!大好きな蛾ですよ!ほらほら!」
と捕まえてアホ男に押し付けてた

なんかそれ以外でも外で見つけたイボがえる渡されたり、
ナメクジひっつけられたり、カメムシ押し付けられたりしたらしく、
アホ男は虫と新人の子に恐怖心を抱くようになってサークルに来なくなったw

ツイッターも静まり返っている

新人の子に虫が好きなの?と聞いたところ
「いえべつに。興味があるので一通り調べて知識はありますが、
興味があるだけで好きではないです。触りたくもないし」
とあっけらかんと返された

アホ男はとんでもない子を標的にしてしまったようだ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

638: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)22:43:14 ID:VNX

顔の彫りが深くてまつ毛が長いという理由でゲイだと決めつけられた話を。

勤め先で、年度の初めに異動してきた女性社員Aに露骨に無視をされた。

最初は気のせいだと思っていたが、
俺が彼女の視界に入るだけでしかめっ面をされ、
俺がいる場所を通らなければならない時は壁ギリギリを歩くなどの徹底ぶり。

始めは俺が彼女に何かセクハラまがいの事をしたのではないかと疑われたが、
そもそもまともに会話もした事無いので可能性は低い。

体臭とかが原因かとも思ったが、
他の社員に聞いても特に問題ないと言う。

他の女性社員ががAに話を聞こうにも俺の名前を出すだけで怒りだすので手に負えず、
現在の上司とAが以前いた部署の上司(女性)が話を聞く事に。

で、話を聞いたら1行目に書いた理由を言ったらしい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

69: 名無しさん@おーぷん 2014/12/10(水)15:56:04 ID:fKT

誰にも知られてない自分の小さい武勇伝

車で大きな坂道を帰宅途中、
向こうからチャリの超スピードで坂を下る野球部な中学生と、
こちら側から急右折した車が事故った。

その衝撃でチャリの中学生が投げ出され
そのまま運悪く道路脇の高さ2m幅1.5mくらいの川へ飛んで落っこちた。
あまりの出来事に撥ねた車も周りの歩行者も時が止まってたww

が、これヤバくね?と思い、
俺はすぐ車を路端に駐車し、川へ飛び込んだ。

水は20cmくらいしか入っていなかったが、
多少クッションになってくれたのだろう、
中学生は唸りながらも生きてた。

「意識あるか!?痛いところはあるか!?」
と聞いたら、
「全身が痛い、動けない」と。

冬前だったので水がクソ冷たかったので、
本当は動かしちゃイカンとは思ったものの、
このまま冷たい川に放置も出来んし…

多少動かしたら首や頭はそんな痛くないとの事だったので、
中学生を背負って川から歩道まで登った。

なんとか登り切ると、
中学生を撥ねたババアがまだハンドルを握ったまま固まっていたので
「救急車呼べ!」と一喝したら、我に返ったようにすぐ救急車を呼んでくれた。

到着するまで、中学生を横にして俺のジャンパーを羽織らせたら、
向かいのマンションに住んでたっぽい美人の外人さんが、
枕を「使って頂戴!」と貸してくれたので有りがたく中学生の頭を置かせて貰った。

ドコが痛い?と尋ねると、かなりパニック気味に
「ああああ全部がああああ」と。

野球部ユニフォームの中学生だったので、
ちょっと落ち着かせるために「明日は部活休みやなwww」と、
手を握りながら言ってみた。

続けて
「彼女おるんか?」と聞いたら
「いないです」
「好きな人は?」
「えへへ…」
とうっすら笑ったので、大丈夫そうだなと思い、

「本当に中学生はソレばっかやなwwwwわかるwwww」
と軽口を聞いてみたら引きつりながらもニッコリしたので落ち着いたかと思い
「で、どこが一番痛い?」と改めて尋ねると、
「足首ヤバイっすね…」とちゃんとした返事が返って来たので一安心しながら
「気になる子にめっちゃ痛いアピールしたら何かサービスしてくれるかもよwww」
とか冗談言って笑い合っていたら救急車到着。

俺の車が邪魔になりそうだったからどかしたんだが、
人だかりで停車できる感じでもなかったんでそのまま帰宅した。

目撃者も多数いたし、
俺が居なくても状況説明は大丈夫でしょ、と思ったしねw

名乗りもしなかったし、その後どうこうってのはないけど、
ああいった事故の場面でテキパキ動けた自分に少しスカッとした小さい武勇伝


    このエントリーをはてなブックマークに追加

630: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)09:35:14 ID:7bN

友達の家でお茶会した時の事。

近所に新しくオープンしたケーキ屋さんで
ショートケーキを買って行った。

色々あったほうが選ぶの楽しそうだと思って
全部違うのを人数分。

みんなケーキ大好きだから喜んでくれて
全員が注目する中、箱を開け歓声があがった。

「じゃあみんなでジャ・・・(ンケンしようね、と言おうとした)」
と言いかけた所でAさんが
「私これっ!」とマンゴーのタルトに人差し指をズボッ!と突き刺した。
一同唖然。

Aさん、我に返って焦りながら
「ごめん!うちではいつも早い者勝ちだからつい」
ここは礼儀として一同爆笑してあげたけどさ、
いくらうちではそうでも、
40近くにもなって外でストッパーかからないのはマズイと思うけど。


このページのトップヘ