キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2016年08月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

39: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)11:47:50 ID:xPV

独身時代、嫁の悪口ばっか言ってる中年オヤジを見て
みっともねーなーと思ってた。

俺はああはならんぞと思い、実際結婚してからも
「幸せだよ」
「うまくいってるよ」
とだけ言うようにしてた。

現実にうまくいってるし、別に不満もないし。
そしたら同期の二人にやたら絡まれるようになった。

家庭内のことをやたら聞き出そうとするし、
夜はどうなんだ、アレはやったかと
ゲスいことまで根掘り葉掘りしてくる。

うちは共働きで嫁は俺の扶養じゃなく、
年末調整の時もそれで絡んできてウザかったので
「おまえが結婚したら嫁を扶養に入れりゃいいじゃん」
と言ったら

「いや俺は独身主義だから。結婚したら男は終わりだろ」
あっそと思い無視することにしたが、
それでもgdgd絡んでくる。

酒の席でもその調子だったから、
こっちもちょっとキレて
「なんでそんなに聞きたがるんだ。
独身主義なら既婚者にかまうな」
と言い返した。

そしたらどういう脳内変換か
「独身を馬鹿にするのか!
強要するな、俺が結婚しなくても俺の勝手だ。
憲法で保証されてる自由だ」
と言い出した。

「その言葉そっくり返す。
俺が嫁と結婚したのも憲法で保証されてる自由だ。
おまえらにあーじゃこーじゃ言われる筋合いはない」
と反論し、上司に止められてウヤムヤになった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

26: 名無しさん@おーぷん 2015/02/09(月)20:46:12 ID:g00

昔の旅行番組を見ていて思い出したことを吐き出し。

中学校の頃、外国にホームステイに行ったんだが、
滞在最後の夜、ホストファミリーがお別れパーティにと、
地元の料理などを用意してくれた。

パーティとだけあって、初めてお目にかかる、
向こうの親戚・近所の人なども大勢集まってたし、
こっちで披露した剣玉や、折り紙、地元の祭り囃なども大ウケして
盛り上がってた所に事件は起こった。

というのも、向こうの伝統料理だというスープに入ってた
謎の物体がコリコリと、美味しかったから、
「これは何?」と聞くと、
ホストファミリーが「コウモリのハネだよ」と教えてくれた。

すると、ルームメイト(もう一人の日本人)が本気で嫌がった。
私が「変な臭いとかもしないし、美味しいから」、
ホストも「一口トライして、駄目だったら、私達が食べるから」と
フォローしても、ますます興奮して嫌がり、
吐くようなマネまでしたので、場が一気に白けた。

その後、自分は普通に美味しかったから、
おかわりもしようとしたけど、
ホストからも、そのルームメイトからも
「(それぞれ別の意味で)無理すんなよ」とか言われる始末。

ここまででも神経がわからんのに、

帰国前の交流会で、
「こいつ、コウモリのハネとか食ってんのww」
とかからかってくる。

そこでこっちも本気で怒ったら、
「何、本気になってんの」
とかヘラヘラするし、

「出された料理を断るだけでも失礼なのに、
こっちの人が伝統的を馬鹿にするのか」

「自分が普段から食べてるものを馬鹿にされたら嫌じゃないのか」
などと怒ると、

「お前も、普段からそういう物食ってんの?」
とか
「関西じゃコウモリとか食うんだ?(私は関西の人間)」
と話にならない。

そういう発言のせいで、
帰国の途では皆からドン引きされてたけど、
全く理解も反省もしている様子がなかった。

本当に思い出すだけでも腹が立つ、神経のわからん話。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

987: 名無しさん@おーぷん 2015/02/08(日)17:07:14 ID:gZk

昔トラブった隣人がアホすぎて衝撃。

当時駅ちかで家賃安めだが 狭くて古いボロアパート1k に住んでた。
建物の見た目も汚いから、
学生とか若い人はもっと綺麗な近くのアパートに入ってて、
そのボロアパートには年配の男性が多かったのでなかなか静かに暮らしてた。

自分は2階の端から2番目の部屋に住んでたんだけど、
その隣(角部屋)に半年くらい後に越してきたカップル。

よくこのくそ狭い部屋に2人で住むな~と思ってたら、
まぁこれがうるさいのなんの。

耳おかしいのか?ってレベルで音楽ガンガン、TVも爆音。
夜通し仲間?と飲んで騒ぐ。イエー!!とか聞こえる。喋り声も全て筒抜け。

特に毎晩かけるTVの音量がうるさすぎて、
何戸も離れた部屋の住人が夜中にうちまで聞こえてくる!
って苦情言いに行ってた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

112: 名無しさん@おーぷん 2015/02/08(日)14:51:47 ID:xBY

子供の頃、8歳離れた姉に
散々馬鹿にされ八つ当たりされていた

毎日ブスだデブだと罵られ、
姉の友人達が家に来た時に嫌がる私を皆の前に立たせて

「見て、これ私の妹。すごいブスでしょ?
私とも他の兄弟とも似てないの、こいつだけ豚から生まれたから」
と紹介され笑い者にされた事も有る

親も他の兄弟も家族なんだからー
本当はあんたの事可愛く思ってるんだよー
と寝言ほざくだけで本気で止めてはくれなかった

月日が経ち、去年私に子供が生まれた
子供を連れて実家に帰ると
両親と長兄一家と姉達も大歓迎してくれた

人見知りが無くて
誰にでも抱っこされる我が子に両親はデレデレメロメロ

兄夫婦と兄子供達も可愛い可愛いと順番に抱っこしてくれたり
手足を触ったりしていた

当然のように姉も
「可愛い~」と猫撫で声で触ろうとしたので
思い切り手を叩いてやった

「あんたにだけは触らせない、
私が小さい頃にやられた事を
この子にもするかもしれないから怖くて触らせられない、
近寄っても欲しくない」

と物凄く冷静に言い捨てたら
真っ赤な顔でギャーギャー怒り出した

姉と仲良しの次兄だけは
「いつまでも昔の事をグダグダ言うな!」
と怒鳴ってきたが
両親と長兄は
「私子が嫌だと言うならお前は触るべきじゃない」
と味方してくれた

まぁ、事前に
「姉に触らせるならあんたらにも触らせねーぞ」
と脅したからだけどね

それから1年、
私と我が子が実家に帰る時は姉だけ抜きにされている

仕返しも有るけど、
姉が散々馬鹿にしてきた私の子供に対して
ちょっとした切っ掛けで手を上げたり
トラウマになるような事を言ったりするだろうと警戒してるから
会わせるつもりは一切ない


    このエントリーをはてなブックマークに追加

53: 名無しさん@おーぷん 2015/02/08(日)13:24:44 ID:q7n

こないだコンビニで友達と会って、
店の前で話してた時の事

障害者用の駐車場に止めてたおばさんがバックで出ようとしてた時、
隣に白の軽が来て助手席の爺さんが降りてきたの
すっごい早口で喚き散らしながら。

「邪魔だろうがさっさとどかせバカがああん!?」
みたいなのを早口で。

そしたらおばさんの車から金髪ガリのおじさんがでてきて、
「お前なんて言ったふざけんな殺すぞああん!?」
みたいなこと言ってんの

爺さんの車の運転席から車椅子のおばあさん出てきて、
普通にひとりで店内にはいってったんだけど、
おじさん収まりつかないようで、
じいさんの胸倉掴んで喚いてたら
爺さんが

「すぐそこに警察署あるからそこいこうか!?ああん!?」
って言ったから手を放して爺さんに背を向けたの


    このエントリーをはてなブックマークに追加

142: 名無しさん@おーぷん 2015/02/07(土)14:54:05 ID:z5w

父、母、弟の4人家族だけど、
実は私だけ血の繋がりがない。

子宝に恵まれなかった両親が
子供を諦めて施設から私を引き取ってくれた。
当時の記憶は全くないが、私が2歳の時らしい。

ところがその2年後に弟が生まれた。
母の浮気とかそんなんじゃないよ。念のためね。

ストレスから解放されて妊娠しやすくなったとか、
そういうことなんだろうな。
よく分かんないけど。

小5の時、たまたま母と叔母が話をしてるのを聞いてしまい
自分が養女だってことを知った。
私が友達ともう遊びに出掛けたと思い込んでたらしい。

その流れで
「(母)こんな事なら養子を貰うなんて考えなきゃ良かった」
「(叔母)でも私ちゃんのおかげで授かれたのかも知れないよ」
「(母)そうなんだろうけど、やっぱり早まったって思っちゃう」
なんてことも聞こえてきて、目の前が真っ暗になった。

実はそれまでにも
父も母も私より弟の方が可愛いんだなって思うことはあった。

でも小さい方に手を掛けるのは当たり前なんだろうと思うことにしていた。
そういうことだったのかと思うと悲しくて悲しくて
近所にある鉄橋の下で思いっきり泣いたの覚えてる。

その後私にとって一番怖かったのは、
父と母が本気で私に飽きて放り出されることだった。
それ以来、母の手伝いをこれでもかってぐらいした。

母はそれを喜んでくれた。
父の方は、仕事から帰ってくると肩叩きをしようとしたら断わられて
「疲れてるんだから寄ってくるな」みたいに言われて
以来なるべく近づかないようにしてた。

弟は可愛かった。
何も知らずに懐いてくれるのが嬉しかった。
そんな感じで表面上はそれまで通りの家族として過ごした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

987: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)11:23:09 ID:xfS

同僚Aと定食屋で昼飯食ってたら、
Aの知り合いらしきヤツが寄ってきて
「イタコーひさしぶり!」と声かけてきた。

イタコーって変わった渾名だなと思い
「なんでイタコーなんだ」と聞いた。
以下その話。

Aは大学時代、
友達の紹介を通して同大学の女の子Bと知り合った。

Bとデートし、映画を見て、
ぶらっと歩きながらと思っていると
Bが高いお店に行きたいという台詞を吐いた。

Aはその子に幻滅し、友達に
「やっぱりBと合わないみたいだ。
初回のデートから高い飯をおごってもらおうとするような子はダメ」
と報告した。

その話が友達→友達彼女→Bに伝わり、彼女は
「おごってなんて言ってないし高い店に行きたいとも言ってない」
と弁解。

Aはその話を聞き
「嘘までつくのか」と幻滅を通りこして怒りに達した。

そして構内でBに会ったAは、Bに
「言ったじゃないか」
と文句をつけた。

しかしBは「言ってない」と平行線。
見かねたやつが仲裁に入って話を聞いた。
結果から言うとAの勘違いだった。

当県にはイタリアンという西洋焼きうどんのような、
微妙な味の名物がある。値段は400円くらい。

ぶらぶら歩きをしている時
イタリアンを売っている店の前を通りかかったので
Bはぽろっと「あ、イタリアン食べたい」と言ったらしい。

でもAはイタリアン=イタリア料理のレストランだと思い、
「初回デートでイタリアン??!」と思った
という行き違いだった。

Aは謝罪し、
「高いものおごらされそうになった」と吹聴してしまった周囲に
自分の口から説明すると約束してBと和解した。

Aは本当にまわりに
「オレの勘違いだった」と説明して回り、
Aの渾名は「イタリアン」になった。

その後「イタリアン」→「イタちゃん」→「イタ公」と変化して
定着したのだという話だった。

と結果的に丸くおさまった笑い話なんだが、
それを聞いてからなんとなくAへの見る目が変わった。

なんかめんどせーやつだなと思ってしまった。
今後は仕事だけの付き合いにしとく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

217: 名無しさん@おーぷん 2015/02/05(木)15:16:52 ID:1uF

まとめサイトで読んだ記事で思い出した。

うちの祖父は職業柄、
お中元やお歳暮がとても多かった。

今なら禁止なんだろうけど、
付け届けが当たり前の時代だったので。

その量は半端なくて、一日に何十個と届く。
一日に何回もピンポンが鳴る。

祖母と母は送り主の名前を見て、
親類や友人などだとメモして仏間に
残りは生もの以外は玄関から近い和室に積み上げる。

で、決まった日にだいたい平等になるようにいくつかに分けておくと
いくつかの団体(孤児院とか福祉施設)が取りに来て持って帰る。

同じような状況にある人はだいたい同じようにしていた。
リサイクルショップなんかない時代だったしね。

で、まだ仕分けしていない時にたまたま来た友人がその山を見て
「すごーい、すごーい」と言うので、
除けてあったあった消費期限の近い菓子をひと箱あげた。

普段から土産物なんかの他に名産品なんかもよく届いていたので、
食べきれないものとか食べないものなんかは
よく近所や来客におすそわけしていたので、
こちらはあまり深く考えての行動ではなかったのだけれど、
それが美味しかったらしくて、
遊びに来る度にお菓子はないのと催促されて、
面倒くさくなって付き合いをヤめた。

その祖父も退職して、数は激減。
取りに来ていた団体さんたちは今までのお礼を言って
もしまたお願いできるようになったらお願いしますと、
父ににっこりして帰って行った。

しかし親類は違った。
うちはいらないものなので頓着していなかったけれど、
遊びに来る度いろいろ持って帰っていたからね。

おばたちの訪問回数もめっきり激減。祖父しょんぼり。
やがて父がだいぶ出世して、
また贈答品が沢山送られてくるようになった。、

時代的にも職業的にも、
祖父のような量ではなく一般家庭より少し多いかな程度。

祖父の葬儀の時に邪魔なので倉庫に片付けておいたのだけれど、
葬儀が終わって近い親類が自宅に来て
お茶を飲んで、さあ解散という頃になっておばたちが大騒ぎ始めた。

何の用があったのか知らないが、
倉庫の中に大量の贈答品を見つけて、こんなに沢山隠して、
独り占めしようとしている!!だって…。

おじたちは高給洋酒やビールの箱を眺めながら、
まあ、隠したくなる気もわかりますよ、とニヤニヤ

これが最後ですからね、
と一切合財持って帰って行った。

いやいや、それは父宛なので、
まだまだ毎年届くけどね、とは教えなかった。

彼岸や盆にも仏壇に手を合わせにもこないけど、
正月だけは来るのがわかっているので、
おばたちが立ち入らない二階の寝室に隠してある。

福祉に回す程はないから、
福祉にはそこで役立ちそうな品物を送っている。

弟や夫は、おれたちはこんなに沢山もらえる程出世しないよなぁと、
つぶやいています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

102: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)19:22:50 ID:Z6x

うちの母方の叔母はニートの長男を飼っていた。

35年飼育したうち20年は学校も行かず働かず、
自分の部屋でゲームしてAV見て
PC買ってもらってからはネットしてネトゲして、
なんかいろいろ課金して生きてた。

叔母はそんな長男を口では愚痴るものの、
いっさい叱らなかった。

叩きだせと言われても「でもかわいそう」
働かせろと言われても「無理したら長続きしないし」
寮つきの工場にぶち込めと言われても「あの子は温室育ちだから。病気になっちゃう」
とグダグダ。

叔父がけっこう稼ぎがあったのが災いして、
ずっと家で飼育し続けてきた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

86: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)09:11:08 ID:cO4

因果応報というか後味がわるいというか

実家の近所の家、私の同級生Aの親だったが、
両親ともちょっと変わった人だった。

A家は生活は貧しくはなかったらしいけど、
子供には絶対お金をかけないというやつ。

自分はブランド物を着ているけど、
子供には汚い格好をさせて平気だし、注意されても
Aの両親そろって、
「どうして子供にお金をかけるの?」
って感じで話にならないらしい。

進学費用は出していたから虐待まではいかなかったけど、
近所の噂にはなっていた

自分の同級生であるAやその兄弟は
高校や大学卒業後はとっとと親を見切ってほとんど姿を見ない。

みんな高校のときぐらいからバイトして
身だしなみを整えたりはしていた。

場所はフェイクだけど、実家のある場所が山陰だとして、
子供達は東京や大阪にいて、めったに帰ってこない。

近所の人によれば近隣の観光地でAやその家族に会った人もいる。
実家近くの観光地にやってきたけど、
実家には何も知らせてないし、立ち寄るつもりもないらしい。

なにせAの両親は子供が小さいときからで
ろくに子供達を遊びに連れて行くということもなかった。

2chでいうところの放置子みたいな感じで
子供をろくにかまわなかったし。

子供達は実家近くの観光地も
大人になって家族をもって初めて来たと言っていた。

やがてA家ではA父が亡くなった。
亡くなる前から子供達に連絡をしたけど、誰も戻ってもこず、
葬式になってやっと子供達が配偶者も連れずに戻ってきたんだって。

私の実家は近所付き合いの一環で、
葬儀にも出たし、そこでAやA兄弟にもあった。

みんなそれなりに落ち着いた生活をしているっぽかった。

で、葬儀が終わると、
子供達はすぐに姿が見えなくなった。

それが数年前。

すいません。長くなった。続きます


このページのトップヘ