キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2016年11月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

642: 名無しさん@おーぷん 2015/03/18(水)06:26:25 ID:Fd9

最近あった嫌な話。

昔から裁縫が好きで、服とか鞄とか自作してる。
高校時代に友人母の依頼で園グッズ作ったら割と評判がよかったので、
あまったものをオクに流したら
売る時期がよかったらしく意外と高値がついた。

こりゃいいわと、高校から大学に進学した今でも
毎年園グッズをちまちま作ってオクで売ってた。

裁縫は趣味だし、
売れたら半期分の書籍費くらいにはなるので、
趣味と実益を兼ねて。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

284: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)23:51:25 ID:6Gp

いやもうさっきは参った。
ちょっと長くなるけどゴメン、吐き出させて

年度末だし、今度旦那の職場の飲み会あるらしいんだけど
珍しくも帰りに駅まで迎えに来いと言われた。
で、その時間が夜の10時半頃だと

うちにはもうじき幼稚園の3歳児がいて、
当然その時間には寝てるんだけど
家には階段もある。

いまだにゲートもつけてるけど、
子はもう自分で開けちゃう。

その時間ならめったに起きないんだけれど
もしも起きて階段から落ちたりとかしたら怖いし、泣いても可哀想だ

仕方ない。起こして連れてくかー、って前提で話してたら、
家に置いて迎えに来いってさ

「絶対起きないから」
「15分程度なら平気だ」
(自分の運転で駅まで往復だと15分じゃ済まない。しかも新車で夜の運転慣れてない)

「寝てる子15分放置して起こった事件があるか!?」(あるよね?)

って怒りだしてさ、挙句の果てに

「その事件の例出してみろ」
「役にたたねーなー!」
「わかったよ飲まないよ!(だから自分で運転する)」だってさ

なんていうか、普段神経質なほど子の虫歯とかそういうことに気を遣ってるのになぁ
こういう点で謎のモラハラ感をたまに発揮するのはどういうことなんだろう


    このエントリーをはてなブックマークに追加

480: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)15:38:48 ID:f7N

吐き捨てです。

子供の頃、弟が深刻な病気を持って生まれてきて
両親がその看病に集中するため、
私は伯母夫婦の家に預けられていた。

伯母の家には5つ年上の従姉がいて、
本当のお姉さんみたいに可愛がってもらって
私もこの従姉のことが大好きだった。

勉強とかよく見て貰ったし、
ファッションのアドバイスとかしてもらって
伯母の家に居る間、寂しいと思ったことは殆どなく、
むしろ楽しかった。

そして小4の時に両親のもとに戻った。
もう弟が余命が少ないってことで最後は家族一緒にってなったみたい。

子供なりに事情はよく理解してたし、
あまり一緒に遊べなかった弟とも思い出を作りたい。

そう思ってはいたけど、
両親のもとを離れていた6年余りは
私にとって思った以上に長かったらしくて、
実の親なのに素直に懐けなかったんだ。

仕方がないと分かってても、
両親の目は弟を追ってて私を見ていない。
なんか自分の家なのに居場所がない感じ。

弟はお姉ちゃんお姉ちゃんって懐いてくれたけど、
かなり悪くなってきた頃には
「どうして僕ばっかり、どうして僕だけ」
みたいな事をよく口にしたので
可哀想だと思うけど、どう返答していいのか分からなくて
それが辛くて弟から少しずつ距離をとってしまった。

そして中学にあがる少し前に弟は天に召された。
四十九日が終わってしばらく経った頃に父から
「長い間親らしいことしてやれなくて悪かった」と謝られた。

謝るようなことじゃないと思ったけど
「うん」しか言えなかった。

母はかなり長い間立ち直れなくて、
その頃にちゃんと向き合えなかったからか
その後もずっと、成人してからもずっと、
母との間には何か目に見えない壁を感じていた。

母とは恋愛にしろ、就活にしろ、相談とかもしたことがない。
全部自分で決めて、報告するのみって感じ。

結婚する時も彼を連れて来て両親に挨拶してもらったんだけど
父の方はその後、彼とふたりで飲みにいったらしくて
その時に私のことを大事にしてやってくれみたいなことを言ったらしい。

子供の頃、寂しい思いをさせてしまったから
君はそういう思いをさせんでくれ、とか。
母からはワケがわかんないぐらい何も言われなかった。

新居はどうするのとも、披露宴はどうするのとも、幸せになりなさいよとも、なにも。

今私は40代半ばになった。子供もふたりいる。
昨年、母が亡くなった。

亡くなる少し前に、今聞いておかないとって焦っていた時期があって
少し具合が良かった時に「お母さんは私のことどう思ってた?」って聞いたことがあった。

「さあ、どうだろうね」って言われて「私、娘なんですけど」って言ったら
その後なんの言葉も続かなくて、いたたまれなくなって部屋を出た。
結局そのまま。

弟の死後、何を思ってきたのか何を聞けないままの別れだった。
母が死んだ日もそのあとも、一滴の涙も出なかった。

数年前に伯母が亡くなった時は、あんなに涙が止まらなかったのに。
四十九日が過ぎた頃から、母に対して憎いという感情が生まれ
それが日に日に大きくなっていく。

夫には過去は過去、昔のことをあれこれ考えても得るものはないと言われた。
寂しかったのなら、子供たちにはそういう気持ちを抱かせないように
愛情を注げばいいって言われて、それはすごく良く分かってる。

なのに気持ちがついていけなくて苦しい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

476: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)12:03:22 ID:PH8

大型のショッピングセンターで
ベンチが並んでるスペースに知的障害者の人と
その介護センターの職員のような人が座って飲み物を飲んでたんだが、
その介護の人に対して20代のOL風の見た目の女性が

「公共の場に障害者を連れてくるな」
「同じ空間に居られるだけで迷惑になるのがわからないのか」

というようなことをもっと汚い言葉で止め処なく怒鳴り続けていた。

あまりの剣幕に店員まで出てきて仲裁してたんだが、
見た感じだと障害者の人と介護の人はただ自販機の飲み物を飲んでるだけだったみたいで、
障害者の人も特に周りのものを汚したり壊したりした様子も無かった。

あんまりジロジロ見るものじゃないし、
すぐに立ち去ったからその後の顛末は知らないけれど、
見ず知らずの人に、他人の目があるところで
あそこまで若い女性が怒鳴り散らすのかと凄く衝撃だった

そしてネットのなんちゃってニートの書き込みみたいな暴言を
そのまま口外する人がいるということにも驚いた

そのショッピングセンターのある街とも今日でお別れなので
引越し中に思い出した思い出。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

483: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)16:35:59 ID:Yja

数ヶ月前に仲の良い同僚のとこに子供が産まれたんだが
奥さんが初めての育児でストレスが溜まりまくってるみたいで当たられるらしい。

「お前らのとこってどうやって乗り切った?」
と相談された。

うちでは嫁に月一で1日完全なオフな日を作ってるんだ。
料理も洗濯も掃除も子供の世話も全部俺で
嫁には3万の小遣い渡して
美容院なり買い物なりエステなり好きに使ってもらう。

もちろん使わずに次回の為に貯めて家でゴロゴロ、
目標額まで貯めて嫁の一人日帰り旅に行った事もある。

家事育児を全部担うのはしんどいし
ぶっちゃけ毎月3万の出費は痛いけど、
たった1日の休みで機嫌よく毎日の家事育児をやってくれるなら
安いもんかなと思ってる。

この制度にする前はストレスで常にイライラしてて
俺がクシャミしただけでうるさいぃぃ!!ってブチ切れたりしてたからなw

嫁もストレスが溜まってても
「あと◯日頑張れば休みだ!」
と希望が持てるらしくて全くと言っていいほど怒らなくなったし
子供にも細かく気を使ってやれるようになっていい事づくめだよ。
ってな話をしたわけよ。

したら相談してきた同僚が
「嫁にwww3万もやるとかwww無駄遣いにもほどがあんだろwww
だったらその金持ってパチに逃げるわwww」
と大爆笑。

周りも
「いやいやそんな笑うとこじゃないだろ。」
とか
「家庭によっていろんなやり方あるだろ。」
って諌めたけど大爆笑は止まんなかった。

うちのやり方ってそんなに笑われるようなものか??


    このエントリーをはてなブックマークに追加

749: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)15:16:15 ID:hNb

叔母は昔からずっと、
私に友達が一人もいないと信じ込んでいた。

近所だしこちらとの家族仲も良好で、
年上従姉妹とも姉妹同然で育った。

面倒見の良い叔母だったけど、
なぜかそこだけは絶対に譲らなかった。

しかし実際私は部活も委員会も趣味活動もあり友人は多かった。
何度も私両親や親戚が突っ込んだけど、
叔母は笑いながら否定してた。

時が経って従姉妹が結婚出産、私も30間近になった。
それでも未だに叔母は何かと言うと
「私ちゃんは友達いないでしょ」を繰り返す。

そりゃ学生のときほどでは無いが、信頼出来る友人はいる。
両親はもちろん叔母も他の親戚も私友人とは会った事がある。

それでも叔母は「あの子一人だけが話し相手でしょ」とか
「友人という訳ではないんでしょ」とか言う。

それも失礼な事に、
地味目の友人や激しく年上の友人には「あの人だけが友達でしょ」で、
見栄えが良かったり実勢のある友人だと「友人じゃないでしょ」と。

面倒なので毎回一度は否定して、あとはスルーしてた。
それ以外は別に害のない、明るい人なんだけど。

でも、私の結婚式でわりとたくさん友人が来て祝ってくれたのを、
「サクラ?」とか「断れないような事情があるんでしょ」等と言ったので
横にいた母(叔母実姉)が「なんであんたはいつもそう言うの?」と真顔で聞いた。

周りの親戚も、根拠はなんだと聞いた。

すると叔母は
「だって私ちゃんに友達がいるなんておかしい」
「友達がいないからいつも(私母)と一緒にお出掛けしてるのでしょ」
「いつも暇そうだし、結婚も遅かったし、おたくだし」
「友達がいるような性格じゃないでしょ」
と、とにかく私に友人がいるようには見えないの繰り返し。

実際は私は普通に学校を出て
普通に働き普通に友人と遊んでる。

でも叔母の中では私は
「ぼっちのオタクフリーター、母だけが友」らしい。


「いいじゃない友達がいなくたって、家族と毎日充実していれば。
私ちゃんが友達いるふりするのも働いてるふりをするのも別に気にならない、
みんなそんなもんでしょ、なんでムキになるの」
と叔母。

すると側にいた従姉妹旦那が吹き出して
「お義母さんそれうちの嫁でしょ」。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

304: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)12:28:18 ID:0lX

呼吸の代わりに
「嫁子さん、私のこと嫌いだものね」
と言うトメ。

「今日はみんなで外で食べない?
でも嫁子さん、私のこと嫌いだものね」

「(私が買ってきたミックスナッツチョコを見ながら)
あら、これ私の嫌いなカシューナッツ入ってるのね。
嫁子さん、私のこと嫌いだものね」

夫やウトが
「そんな嫌われるようなことしたのか(されてるのか)?」
と言っても
「そんなわけないじゃない。…でも、嫁子さん、私のこと嫌いでしょ?」
と、まーうざい!結婚してからずっと言われ続けてる。

最初こそ
「そんなことないです!」
と否定したけど、今じゃあもう、トメのご希望通り大嫌いです。

ある日、ウトメ夫と外出中、
トメの首筋に毒虫が居るのを発見。

払い落として踏みつけてあげた。
私の靴の裏は毒虫の体液べったり。

「お義母さん!大丈夫でしたか!?あーよかった!よかったぁ…!」
と取り乱してしまったよ。

数日間、虫を払った私の手には包帯が巻かれた。

以来、トメが
「嫁子さん、私のこと…」
と言うと、ウトと夫が依然と比べものにならない剣幕で

「身を挺して守ってくれた嫁子さんに対して、
よくもまだそんなことが言えるな!お前が性悪に思えるわ!」
と叱られ続け、ようやくなりを潜めた。

私に向かって感謝と謝罪もしてくれた。

まぁ、トメのこと嫌いだけどね。
毒虫なんていなくて、
ただトメの頬を思いっきりビンタした(トメが吹っ飛んで倒れるほど)だけだし、
踏みつけたのは、少量持ってた腐ったブルーベリー。

包帯は、ちょっと中二病が再発しただけなんだけどな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

632: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)13:52:45 ID:???

私の両親が毒親なので里帰り出産はやめよう、
と夫婦で話し合い。

里帰り無しでは身体的にキツイだろう、と夫から
「うちの母に手伝いに来てもらうのはどうだろう?」
と提案があり、その話に乗ってみた。

そして我が家にやってきた義母さん

・「見た事がない!種類が多いのね」と言って紙パックジュースを大量購入。

・「孫が育つ環境を知っておきたい」と言って散策に出掛けて迷子になる。(夜遅くに自力で帰った)

・スーパーの惣菜が地元と違ってお洒落!ケーキも素敵!たくさん食べてみたい!と大量購入。

・自分でも何か料理をせねば、と玉子をレンジでチンして爆発。

・「仕事帰りにレンジを買って来なさい」と夫に電話。

結果、夫が
「帰れー!惣菜を買うくらいなら俺でも出来る!
生活費を払っているのに無駄にするな !
俺の嫁と子供に迷惑を掛けるな!」
とブチ切れ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

591: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)13:00:18 ID:eeU

モラハラをモラハラで制した?話。
元夫はモラハラ糞野郎だった。

加えて浪費がすごい。
借金しないかわりに使いきってしまう。

俺が働いた給料だからと私は一切管理させてもらえず、
貯金をしなければという私の言葉には
「俺を信用できないのか!」と怒鳴られ、
そうされる度に私が信用できないから管理を任せてもらえないんだと病んだ。

数百円の化粧水買うにもお金を貰わなければならず、
食材なんかも夫が会社帰りに調達してしまう。

もちろん作るのは私。
先にメニューを考えさせてもらえない、
買い物に行かせてもらえないのはかなり苦痛だった。

私が買い物に行くと言えば
「お前の負担を減らす為に買い物してやってるんだ!」
と言われ、むしろそれが負担なんだと正直に言えば
私が人の好意を踏みにじる人間のクズなんだそうだ。

子供もいるし、毎月お金を使い切る生活は本当に怖い、
先の事を考えてパートに出たいんだけどと言えば

「働きたいと言ったのはお前、
子供の保育園代もお前の稼ぎから出せ。
家の事も今まで通りに」
と言われたら働くのを諦めるしかなかった。

それなのに
「お前も少しは働いて家計を助けようと思わないわけ?」
と、主婦でいる事を責める。

恐らく働いたとしても夫が管理するに違いない、
だからこの時には何を言われても
この人と結婚してるうちは働いたら危険だと思って
のらりくらりと働かない事にした。

あぁもうこの人はダメだな、
と思って夫となんとか頑張ろうと思うより
離婚後をイメージするようになった。

まわりに相談しようにもそこは根っからのモラハラ。
一歩外に出れば人望はそれなりにあり、
機嫌が良ければお金もくれたので
他言は私をかえって不利にしてしまう。

元夫は子供にお金を使う事に関しては遠慮するなという人だったので、
子供にせがまれてゲーセンで千円分遊んでしまったと言っても
それは「子供の為に使った」と見なされ咎められる事はない。

子供には本当に今でも申し訳ないけど、
ゲーセンとかの証拠が残らない形でコツコツ小金を作った。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

579: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)23:11:26 ID:a6S

何となく吐き出してみる
数多ある毒母の理不尽なエピソードの中から、
比較的ライトなものを1つ

小学3年生の頃、
自宅で母と二人で夕飯を食べていると
母が突然私に「出ていけ」と言い出した。

訳が分からなくて狼狽えていると、

「ほんまに気ぃきかへんな」
「役立たず」
「ほんまは気ぃ付いててわざとやってるんやろ?」
「性格悪いなアンタは」

等々ひたすら罵られた。

取り敢えず謝罪して怒る理由を聞いてみると、
母が熱いお茶を淹れて欲しがっているのに
私がそれを察しなかったのが悪かったそうだ。

空の湯呑みや急須をチラチラ見ているのに、
気がつかないなんて不注意すぎる。

そもそも空になった時点で淹れるべきなのに、
気がきかなすぎる。

というか本当は察しているのに、
わざと放置して嫌がらせをしたに違いない。

こんな性格の悪い娘はいらない。
結論:出ていけ
ということらしい。

結局玄関まで引きずられて外に出された。

仕方がないので、
ドアの前に座って姉がバイトから帰ってくるのを待った。

1時間程して姉と一緒に家にはいると機嫌が治っていて、
「早よご飯食べてしまい」と言われただけだった。

当時は気がきかない自分が悪いんだと、
本気で反省していた。洗脳って怖いよね。

今は逃げ出して1人で快適に暮らしている。
母のおかげで理不尽なクレームも上司の嫌みも、
痛くも痒くもないや。


このページのトップヘ