キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2016年12月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

139: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)05:52:10 ID:DJp

高校からの友達を1人切りました。

その友達と私のウッカリが原因で揉めて、
謝ったんですが、許してもらえず。
縁を切られました。

そして共通の友達に悪口を吹き込むというおまけ付き。。
何年間してから、何事も無かったように連絡してきて

「元気~?実は結婚しました☆
写真とか見せたいからどっかで会わない?☆ミ」

あれだけ悪口や事実無根の悪評を垂れ流しておいて。
共通の友達も、言っている事が理解できないって言ってたよ。

もちろん、大人な対応を心がけ会えないよって返信。
すると、
「こっちも忙しいのに連絡してやってるのに感謝しろ」
といった返信が来たのですか、とにかく冷静に対応。

すると諦めたんですが…。

共通の友達に聞くと
「ご祝儀の関係かも…。」
やっぱりなと思いました。

怒らせてしまったのは私ですが
仕返しとばかりにされた事が酷すぎたので、
絶対に会わないでおこうと決めた矢先…。

再度連絡あり。

何事かと共通の友人に確認すると
「あー、多分出産関係かも…。」
FOを決意しました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

863: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:09:30 ID:Cgl

水曜日の夕方の出来事。未だに訳がわからない。

JRの列車内でキャリーケースを引いた人の荷物がひっかかり靴紐がほどけた。
直後、乗り換え駅だったので降りたが、そこはみっしり混んでいて、
ベンチも見当たらないし、しゃがんでいたら蹴飛ばされそう。

仕方なくそのまま乗り換え路線のホームへ移動した。
ここもベンチは見当たらないが、そこそこ空いている。
結局電車を待つ列に並んで、しゃがんで靴紐を結び直していた。

左斜め前に人の靴と服が見えたと思ったら、
いきなり視界がグレーになった。

めまい?と思ったが、ふわっ(もわっ?)と頭・顔に布地が当たったので、
びっくりして固まってしまった。

どうやらしゃがんでいる頭の上を跨がれたようだ。

えーーーー何?と思い、慌てて頭を上げて通り過ぎた人を見たら、
ふくらはぎまでありそうな長めのふんわりしたスカート(ブルーグレー)に、
リュック背負った女性だった。服装からすると結構若そう。

痴漢えん罪(オバサンだけど)目当て?何かの嫌がらせ?と思ったが
女性は振り向きもしなかったので、余計に唖然とした。

人がすれ違えないほど混雑している訳でもないし、
しかもスカート着用で人の頭、
しかもしゃがんでる人の頭を跨ぐって何をしたかったの?

歩きながらゲームか携帯かをいじっていて、
跨ぐ直前で気づいたのかもしれないけど、
回避できないほど混雑していたわけでもないし、
何で跨いだの?と質問したい程だ。

「悪気も無く、しゃがんでいる人の頭を跨ぐ」
って今は普通のことなのか。

私は寝ている人の頭の方を通り過ぎる事も注意されて育ち、
出来れば足側を通るよう躾られた(当たり前だ)。

立っている人の前を通るだけでも一応会釈位はするし、
空いていれば後ろを通る。
まして「頭をまたぐ」なんて。

しかもズボン(パンツ)姿ならまだしも、スカートで跨ぐって。
私にはどちらもあり得ない行動で心底驚いた。

そういえば、キャリーケースを引っかけ、靴紐がほどけたけど、
見えていたはずなのに引っかけたオッサンも謝らなかったな、と思った。

蹴られなかっただけ運が良かったのかもしれないが、
色々と不愉快、そして非常識すぎて恐ろしい人が増えたものだ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

516: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)00:57:55 ID:vsl

被害者のプライバシーとかもあるんで、
ボカしたり端折ったりしてるとこがありますが、お許しください。

一番下の妹が、児童館の行事に参加者したので、車で迎えに行きました。
一人で運転して迎えに行くのはこれが初めて。
母親は家にいたけど、仕事の納期が迫っていたためその場にはおらず。

児童館へ向かう途中、左折して狭い路地に入ろうとしたところ、
路地の左端に人が倒れているのを発見。
頭から血が出てて、意識不明。
その人の横には、歪んだ自転車がありました。

私が轢いちゃったんじゃないかと焦って車を見たけど、
傷、へこみ、血は一つもついてない。
何かにぶつかる音もない。

すぐに119番通報。
警察や救急車が来るまでの間、後続車が現れたので
一人の運転手(医療関係者と判明)の指示のもと、応急措置をしました。

その後は、被害者の付き添いや警察への説明をしました。
かなり早く児童館に着く予定だったけど、事故のため結局母親が妹を迎えに行きました。

警察が、私が轢いた可能性を疑ったのか、車を調べられたのが修羅場でした。

現場が児童館の近くなので、
スーパーで遭遇したママさん達からいろいろ聞かれました。

Aママ「家は事故現場の近くだけど、全然気付かなかった~」
(以下事故の話題が続く)

Bママ「私ちゃん、被害者はどうだったの?」
私「頭から血出てて、意識もなかったですよ」

Bママ「そっか………。助かるといいね」

この後、誰も何も話さなかったので、
そこで別れました。


犯人は数日後に捕まりました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

325: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)15:49:45 ID:b3b

独身の頃、仕事でへとへとになって終電で帰宅したら
部屋の電気がついてるのが見えた。

「あーやっちまった」と思いつつ玄関開けたら
醤油のにおいが充満してる。

間取りが、玄関→すぐにキッチン→ドアをあけるとワンルーム
って感じだったんで、キッチンで料理をすると玄関までにおいが来る感じ。

引越したばかりで知り合いがいなかったので、
1階に住んでる大家さんを起こして話聞いてもらったら警察に通報!となった。

警察官2名と大家さん・私で部屋に突入したら、
テーブルに何かの煮物が並んでて、
しかもベッドで知らないおばちゃんが寝てる。

大人4人が突入しても起きなくて、
警官が肩をたたいても起きなくて、
仕方なく布団はがしたらなんと下着姿・・・orz

そこでようやく起きたんだけど、
「誰だお前は!」とおばちゃんもパニック。
私たちもパニック。

なんとか落ち着かせて話を聞いたら、
「ここは私の息子夫婦の部屋です」と主張する。
お嫁さんから鍵をもらったんだって。

で、ある日来てみたら料理もろくにしてないようだったので、
食材を買い込んで夕食を作って息子夫婦の帰りを待ってるうちに眠くなり、
でも泊まりの用意をしてなかったので
服を脱いでベッドに入って眠り込んでしまったそうだ・・・

とりあえずいられても困るので、
煮物をタッパーに入れておばちゃんに持たせてパトカーで帰宅させた。
あとから、なけなしの米が5合も炊かれてるのに気づいて殺意湧いたw

後日、警察→大家さん経由で話がきたんだけど、

・私が引越してくる前、この部屋におばちゃん息子が住んでいて、
入籍とともにお嫁さんと2人で暮らし始めた

・↑はお嫁さんの家の事情で急遽そうなったらしく、
新居が見つかって即座に引越した

・おばちゃんは新婚夫婦の家に月1~2回ほどアポなし凸していたが、
引越しのことを伝えられてなかった

・お嫁さんから「これうちの合鍵」と渡されたが、
引越しが完了して2週間がたっており、次の入居者(私)と遭遇

・ちなみに大家さんには合鍵を作ったことを言っていなかった

今ほどセキュリティにうるさくなかったので、
入居者が変わっても鍵はそのままだったそう

手っ取り早く言えば、
お嫁さんのドキュ返しってことかな。

あとからおばちゃんと息子夫婦それぞれから謝罪を受けて、
そのお金でベッドと布団とまな板を買い直した。
(鍋はOKだったんだけど何故かまな板だけは生理的にダメだった)

で、おばちゃんからはお金以外にタッパーに
「自慢の漬物」を詰めたものを渡された。
自慢するだけあって確かにうまかったw

祖父母が早くに他界してたから嫁姑戦争を知らずに育ったのもあって、
こんな出来事が現実にあるんだと衝撃だった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

507: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)12:03:05 ID:WJX

母が亡くなった。
あったかどうかも分からない葬儀には当然参列もしなかった。

小さい時に別れてから一度も会っていないので、
どんな顔になってるのかも知らない。知りたくもないけど。

幼少時にあった色んなことを思い出すままに吐き出して、
母の事は一切合財忘れたい。

すごく長いです。吐き出しに付き合ってくれる人だけ読んで下さい。
勝手なこと書いてすみません。多少フェイクありなので矛盾があったらすみません。

小学校の1年生の時に両親が離婚して、
私は父に引き取られ、2つ年上の兄は母に引き取られた。

両親は元々同じ中高に通っていた同級生同士だったらしく、
離婚後それぞれの実家に戻ったので
親が離婚したのに子供は同じ小学校に通って、
別々の家に帰るという歪な生活になった。

母の実家は割と裕福で祖父母が揃ってたけど、
父の実家は母子家庭だったので祖母だけ。

父は父としての愛情をちゃんと注いでくれる人だったけど、
残業や出張が多いから
普段は祖母とふたりっきりの生活。

その祖母はとても厳しい人で、
お箸の持ち方が悪かったりすると手をピシッとすぐ叩かれた。

学校からは真っ直ぐ帰れってしつこくて、
遊びに行くのはちゃんとランドセルを置いてからって言うし、
子供でも洗濯物を畳んだり、お茶碗を拭いたり、
そういうお手伝いをちゃんとやれって言う人だった。

“働かざる者食うべからず”の人。

父が休日になると公園に連れて行ってくれて、
祖母がお弁当を作ってくれるのは嬉しかったけど。

でもやっぱり、
引き取られるなら母の方が良かったなぁって思ってた。

母の実家は大きな家でお金持ちだったから、
お兄ちゃんはいいなぁって思ってた。

ある日、
学校の帰りに友達に誘われてつい寄り道をしてしまい、
その事で祖母にひどく叱られた。
それで母にすごく会いたくなった。

父の実家と母の実家は、
同じ校区の逆方向の端と端って感じだったか
ら3~4キロあったと思う。
それをテクテクテクテク歩いて行った。

やっと母の実家に辿りついて、
母に抱きしめて貰う自分を想像しながら玄関に飛び込んだ。

「おかあさん!私子だよ!きたよ!」
そしたら母と母方祖母が出て来て、
母の第一声が「何しに来たの」って。

「会いたかったん・・・」って言ったら
「あんたは要らないから置いてきたのに、なに来てんのよ」
って言われたんだ。

「あんた見てるとお父さん思い出してイライラするのよ」
って。(私は父に激似らしい)
期待とあまりにもかけ離れすぎてて、私爆泣き。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

646: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)19:31:50 ID:6ng

雰囲気イケメンって本当に作れるんだ、と思ったこと。

3歳上に兄がいるんだけど、恋人はレイちゃん(綾波)、
服はオカン、カットはバリカン……と、モテない男を地で行く人。
住んでるのもド田舎で近くにしまむらすらないから浮かないけど。

そんな兄がひょんなことから三次元の彼女が出来て、
東京に引越していった。

一年くらいして久しぶりに帰省してきたんだけど、
一瞬誰だかわからないくらいにイケメンになっていた。

顔を良く見れば兄なんだけど、
近所の個人経営の服屋のだっさいトレーナーにジーンズ、坊主頭だったおっさんが、
某オサレメーカーのシャツ、スキニーパンツ、髪型もツーブロックに変身、
眉毛もばっちり整え、眼鏡はコンタクトにしてて、
ばあちゃんなんか、真顔で「どちらさまで」って聞いてた。

顔は兄だから贔屓目にみてフツメン止まりなんだけど、
服装がオシャレだから、ものすごいイケメンに見えて、
ド田舎だと兄がいるところだけ空気が輝いてオシャンティーな感じに見える。

私の同級生とかも、
「誰あのイケメン……え、あんたの兄ちゃん?え?え?」
ってなってた。

ちなみに兄は別にオシャレに目覚めたわけではなく、
お嫁さんの買ってきた服を大人しく受け入れ、
美容院も指定されたところに行き、
コーディネートも言われた通りに着ていただけらしい。

服を買ってくるのがセンス皆無なうちのオカンから代わっただけで、
南キャンの山ちゃんみたいな兄がムカイリみたいになるのか……と思った。超びっくり。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

650: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)09:27:06 ID:???

ママ友が怖い。ちょー怖い。
関わらないことにしてるけど、めっちゃ怖い。
絶対に本人に病気があるんだと思う。

アルツハイマーでボケて晩年攻撃的になってたうちの祖父にちょーそっくり。
なんでもかんでも「こうすべき!」って断定して話すの。

スーパーで会って、今日の夕飯何にするの?カレーです。って言ったら、目の色変わって
「カレーのルーはこく〇ろにすべき!バー〇ンドはよくない!」
って言い出して、いや、面倒なんで~とか流そうとしてもくっついてきて、
こく〇ろ!こく〇ろ!こく〇ろ!

怖かったからその晩はこく〇ろカレーになりました。
保育園や町役場でも、すべき!すべき!って主張してるの良く見かけるの。

身バレしそうだから詳しく書けないけど、言ってる内容が意味わかんない。
それこそカレーのルーはこく〇ろ!レベルでファビョってる。

で、さらに怖いのが、この人の言うこと素直に聞かないと、発達障害認定されるのwww
あなたも発達障害なんでしょ!だから嘘をつくんでしょ!人を信用しないんでしょ!
って騒ぐ騒ぐ。

普通に考えたら、周りの人みんなが異常って思うってことは、
逆にその人だけが異常なんだと気付くと思うんだけど。

カラスが白だって主張したって、周りがみんな黒って言ってたら、
あれ、私の目がおかしい?って思わないのかね。

発達障害って増えてるっていうけど、
そのママの理論だとうちの街全員発達障害なんだけど。
意味わからん。誰かあの人病院連れてってくんないかな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

27: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)18:48:46 ID:???

実の父親がキチガイだった
よく引っぱたかれた
ご飯食べれないこともしょっちゅうだった

母はある日消えた
父親が大声で「どこ行ったー!」って喚きながら、
なぜか外には行かず家の中を畳をひっくり返してまで探してた

私以上に殴られてたから、逃げたんだと思う
母がいなくなった悲しさより、私を連れて行ってくれなかった悲しさが辛かった

私の母に対する愛情より、
私の父に対する恐怖の方が大きかったんだって思った
いま思えばそれは母も同じだったということだけれど

そして父親の実家に引っ越して私は転校になった
祖母がいたから多少は食生活とかマシになった

でも田舎だったから父親の仕事が減って酒に浸り、
余計に荒れるようになった

家に居ることが多くなって
ひっぱたかれることも増えた

中学に上がる前から、
父親が体を触ってくるようになった

厭らしい鼻の潰れた天狗のような赤ら顔に濁った目で
母親の名前を呟きながら撫でる

その頃から父親の親族が家に来だした
父親の従兄弟らしかったが、そいつも触ってくる
細面のキツネみたいな顔で笑ってた

中学に上がって、
町の中学に通うようになると、
同級生たちを眩しく感じた

今思えば、
あの実家周辺の子供たちは皆どこかしら虚ろで、
私の同類のような匂いがしてた

町の子の友達が出来て、
そのこから色んな本を貸してもらった

家に帰る前に読んで、
鞄に隠したまま学校に持って行って返してた

色んなジャンルの本を読んでると、
現実というものがどんどんあやふやなものになっていった

見たくないもの、聞きたくないもの、感じたくないもの
よく思い出せないことも多い
このころ私は狂ってたのかもしれない


    このエントリーをはてなブックマークに追加

643: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)07:06:07 ID:???

初孫フィーバーな同居ウトメ。

ウトは金を出して口は余り出さない孫馬鹿ジジだから良いけど、
トメは保育職+初孫フィーバー+きっちりやりたい性格が合わさって凄く面倒臭い人。

初節句も兜やら鯉幟やら陣羽織やら破魔弓やら専用の畳やら屏風やら既に準備してる…

曰く、
『??年前に息子タンが使ってた物を綺麗に残してたから
孫タンに使おうね?でもカビひいてるから綺麗にしといてね?』
だそうで。

私実家は節句も盆正月もクリスマスもほとんどやらなかったから
毎回義実家行事の面倒臭さに辟易してしまう。

『孫タンは本当に息子タンの小さい頃にそっくり☆ミ
息子タンの初節句の時はン十人も招いてやったのよ☆ミ』
と旦那の初節句の写真入りオルゴールを食事中延々リピート。

私は正直息子の初節句だろうがそんな盛大にしなくても良いし、
何よりトメがやりたいだけでしょ?と思ってる。

可愛がってくれるのは本当ありがたいから
ちょいダラ気味な良い嫁キャンペーンやってるけど、
いい加減孫タンの名前間違えずに1発で呼べる様になって下さいねトメさん。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

801: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)18:17:03 ID:D6E

今の時期になると思い出す。

うちは子供が二人いて、
下の子が幼稚園の入園が決まった頃、
公園でママ友たちと幼稚園グッツを作るって話になった。

うちは二人目なので、
もうだいたいの材料は用意してあって、
縫うだけって感じだった。

あとの人たちはみんな初めての子で、
みんなミシンも持っていない感じ。

それで、私のミシンを貸出しする事になった。
Aはほぼ裁縫は出来ないので迷惑をかけたくないからと一番最後でいいと言う。

まあ実際には一人あたり10日程のペースで5軒を回り、
最後にAの元にミシンが行ったのは2月末。

それから二週間ほど経ってAが泣き付いてきた。
A宅を訪問してみると、和室はすごい惨状だった。

足踏みタイプのミシン(今流行りの手元操作じゃないやつ)なんだし、
テーブルにしなよ、と言うと、
ごはんの度に動かすとわけがわからなくなるそうで…。

なぜか散乱したキルティングの端は絡まった糸でぐちゃぐちゃ。
糸調子も合わせられず、ひきつった糸で布がぐちゃぐちゃ。

裏表を間違えて縫い付けてしまった(なぜかちゃんと縫えている)やつとか、
まあ、すごかった。

針も何本も折ってしまったらしいし、
なぜかボビンケースが何個も買ってあった。

倍の長さで購入した布ももうないとの事で…
ソーイングショップで委託した方が安上がりだったねと
ご主人に言われたと泣いてました。
でも、どうしても作ってあげたいんだって。

ママの身体の都合で二人目は望めないとかで、
出来るだけの事はしてあげたいと…

私も暇だし、手とり足とり教える事にした。
子供たちは毎日一緒に遊べるので喜んでいた。

まずは布の失敗部分を切り落としてリセット。
実際には3セット分くらいの材料があった。

だいたい一日1つ完成させるペースで、10日程で全部完成。
私の上の子が春休みになったのでそこで終了。
Aはその後一人で黙々と作業して、3セットしあげました。

子供も大喜びでとても大切に使ってくれたと
卒園前の最後の懇談会で涙ながらに語っていました。

小学校の入学準備にまたミシンはアチコチに出張し、
今度はAも全て自力で作成。

防災ずきんカバーは見事な出来でした。

子供たちはもう大人なんだけど、
高校生くらいの時にAに会った時、
息子くんはママが大変な苦労して制作した事をちゃんと覚えていてくれて、
スクールバックや上履き入れも大切に保管してくれていると言っていました。

その時Aは鞄の中から
あの時初めて完成させたコップ入れの巾着を取り出して、
なかなか捨てられないわよ、と笑って中のキャンディーをくれました。

よくクレクレの記事なんか読んでいると、
この人たちはずいぶん損しているなぁとよく思う。
苦手な事にでもチャレンジできるのが子育ての醍醐味でもあるのに。

市販品にワッペンや名前シールをつける、
たったそれだけでも子供にとってはママが自分の為に
用意してくれた世界でたった一つだけの特別なものになるのにね。


このページのトップヘ