キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2017年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

16: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)03:10:16 ID:Dl6

夕方、息子を習い事に連れて行って受付で月謝を払っていたら、
一週間インフルエンザで休んでた男の子が母親に引きずられてやってきた
男の子はマスクしながらゲホゲホやってる

もう大丈夫なのか聞いたら
「もー6日も熱出てて苦しそうで!今朝熱下がったのよ
医者は今日から5日も外出禁止っていうのよ!
もう治ってるし菌だってばらまいてないのに!
やんなっちゃう、病院からそのままきちゃった
習い事だってタダじゃないのにね、
今日はみっちりやってもらうわ!
マスクさせたし風邪予防も万全!」

息子さん、マスクから鼻出してますけど
あと菌じゃなくてウイルスですから
ウイルスはマスク通しますから
そもそもマスクは鼻と口を密閉してないと意味ないですから
あと今が一番ウイルス巻く状態ですから

受付の人は遠回しに連れて帰れと言ってたけど
無理矢理子供置いて帰っていった

スタッフが普段は騒音のせいで開けない建物の窓全開にしてまわってたわ

ここには小学生~中3までいるし、
入学式備えてる子や部活の大会備えてる子も居るのに何考えてんのか解らん

総勢40人にインフルエンザ振りまくことになる
うちの息子は入学式&習い事の大会控えてたからそのまま連れて帰った
同じ空間に4時間もおいとけないわ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

223: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)19:02:04 ID:rOK

数ヶ月前、私と義兄嫁(私夫の実兄の嫁)が同時期に妊娠が判明


2ヶ月前のトメ

ト「孫ちゃんの名前なんだけど、○○ってどうかしら!」←月姫(るな)とか紅苺(ぴんきー)とかそういうキラキラドキュネーム

私「主人と考えて、××にしようと思ってます」←小百合とか綾子とかちょい古風だけど普通に読める名前

ト「地味ね!同い年の女の子はもっと可愛い名前が多いのに、なんで!?」

私「読めない名前は子供がかわいそうですし、(色々ドキュネームの弊害を語る」

ト「なるほど、わかったわ!あなたたちはいい親になるわ!ごめんね、変なこと言って!」


先々週のトメと義兄嫁(空気ウトからの伝聞)

嫁「赤ちゃんの名前は△△にしまーす!」←系統は違えど、トメ提案と変わらないレベルのドキュネーム

ト「あら、それは孫ちゃんが可哀想よ!(私が言ったドキュネームの弊害を語る」

嫁「ひどい!赤ちゃんへの初めての贈り物を否定された!」

ト「だって、(私)ちゃんがそういうんだもの・・・」

嫁「トメさんは私よりも義弟嫁(私)さんのほうが大事なんだ!(号泣」

ト「そんなことないわよ!」

嫁「正直なところ、トメさんはどんな名前がいいと思ってるんですか?」

ト「実はねぇ、私は○○ってのがいいと思ってたんだけど、(私)さんにああまで言われて・・・」←最初に私に提案した名前

嫁「○○可愛い!それにしたい!」

ト「本当?(嬉しそう」

嫁「最高に可愛いです!トメさん大好き!それにしても(私)さんってひどくないですか?子供のこと愛してないんですよ」

ト「愛してないのね」


今日のトメ

ト「アンタは孫ちゃんのことを愛してない!虐待するつもりなの!?ひどい親!」

私「!?」


ウトに事情を聞いて脱力・・・

今までちょっと距離なしなくらいで良トメの部類に入ると思ってたのに、考えを改めたわ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

35: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)16:25:46 ID:1Gl

モヤモヤしてたので吐き出し
嫁は正直外見が可愛いと思う

でも嫁親からの洗脳で
「あんたはブスだ」とずっと刷り込まれてた

高校時代電車で痴漢にあったときは
「ブスだから誰にも言えないと思ってやられるんだ」
と泣きながら登校してたことを日記で知った

化粧をしても嫁親が
「ブスが余計ブスになる」と言い続けたので、
嫁は化粧ができなくなった

リハビリだと思ってファンデーションだけ塗ったら、
無意識に皮膚がぼろぼろになるまで擦って落とそうとしていた

成人式でフルメイクした時は
持って行ってたハンカチで式中ずーっと顔を擦ってたらしい

スカートどころかおしゃれな服も着ない
黒い服じゃないと親からまたいらないことを言われるんじゃないかと
怖くて仕方ないらしい

だから嫁はいつても男っぽい見た目に黒い服を着てる
お洒落の楽しみなんて知らないと思う

最近嫁の両親に会う機会があった

嫁は逃げたので俺が相手してたんだが
「女らしくなくてごめんね」
「いい年して化粧一つ知らないで」
「素材はよく産んであげたのに」
他色々散々な言いざまだった

どの口がいうのかと思った

嫁には妹(俺のクラスメイト)がいるが、
妹は物凄く可愛がられたらしい

「モデルになれるわ!」
「アイドルよ!」
「おねーちゃんと全く違う!」
こう言われて育ったと聞いた

でも妹は姉の卒アルの写真と自分が瓜二つなのを知っている
過去に妹から姉の卒アルを見せてもらった

「本当はおねーちゃんも綺麗なんだよ、だから幸せにしてあげて」
って涙ながらに言われた


    このエントリーをはてなブックマークに追加

10: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)17:59:49 ID:tAA

前スレ読んでて、
知り合いに紹介された男どもがマジキチって話があって思いだした。

自分も社会人になってすぐくらいの時、
「この歳になってまだ彼女いないwヤベー」と思うようになり、
友人や知り合いに「いい人いたら紹介してー」と頼んで、
ある女の人とデートすることになった。

3歳年上のOLさんだった。
服装も顔立ちもごく普通という感じの人だった。

レストランで食事をすることになり、
彼女の注文を聞いて、ウェイター呼んで伝えると、
「それしか食べないの?」と訊かれた
(自分のぶんにはパスタにサラダやドリンクが付くセットを頼んだ)。

「ええ、そんなに食べない方です」と答えた。
そして、断ってお手洗いに行った。

しばらくして、料理がテーブルに来始めた。
注文してないラザニアやら肉料理やらがドンドン来た。

「間違いですよ」とウェイターさんに言うと、
「いいの、私が頼んだの」と彼女がニッコリ言った。

「え、こんなに食べられるんですか?」と驚いたら、
「うん、どうぞ食べて食べて!!」と言われた。

「えええこんなに食べられませんよ!!!」とキレると、
「だって男の人でしょ。たくさん食べるでしょ、パスタじゃ足りないでしょ」
と話にならない。

騒いでるのに気付いた店員たちが困ったような顔で集まりだしたので、
しょうがなく食べられるだけ食べた。
気持ち悪くなって吐きそうだった。

店員すら、お腹が苦しくて青ざめてる俺を心配して、
サッサと皿下げたりしてくれた。

彼女は自分のぶんのドリアだけ平らげながら、
とても笑顔で満足そうだった。

そのうち限界の限界になったので、食事を途中で打ち切って、
彼女が何か言うの遮って店員呼んで会計頼んだ。

会計は「私の方が年上だから、ね?」という理由で全て払ってくれた。
その夜、『今日は楽しかったです。また会いたい』とメールが来た。

俺は今日の食事が不愉快だったこと、
勝手なオーダーで迷惑したこと、
しばらく仕事が忙しいのであなたに会いたくない、
という内容をメールで返答した。

『でも私は楽しかったよ』
『私は○○君好きかも』
『私は運命感じた』
『私は会いたい』
『私は』
『私は』
という内容のメールがバンバン来た。

10通目くらいで、
『俺は大嫌い』と返事してブロックした。

その後会社の入り口で4回彼女を見かけて、3回は裏口から逃げ、
1回は見つかって追いかけられたが、
大学時代鍛えた足で東京駅内を巻いて巻いて逃げ延びた。

追いかけて来るとき、
「待って、待って、お詫びしたいの。ねえ、お食事でも行きましょ」
と叫ばれた。

彼女を紹介した知り合い(女性)を問い詰めると、
「えー同僚だけどいい子だよ」と言われた。

どんな目に遭ったか話すと、流石に考え直してくれて、
「彼女に警告しておくから」と慌ててた。

当時は「女って怖いわー」ということだけ学んだ経験だったが、
今になって思えば、あんな怖い女はなかなかいないと思うし、
女のストーカーがあれだけ怖いなら、
肉体差で負ける男のストーカーに遭う女性はもっと怖いんだろう
とストーカー被害者に手放しに同情してしまう。

他人が嫌だと思うことが理解できない、
相手が一人の人間、個人の自由を持った人間と認めていない人に遭遇した時の恐怖というのは、
味わったことのない人間にはとても理解できないと思う。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

152: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)15:18:53 ID:srU

つい数日前の話。フェイクあり

A 新婚・妊活中の元ギャル系。色々こじらせてる。
B イケメン夫・美幼女持ちのしっかり者の別嬪さん
C 真面目な性格。婚約者持ちのキャリアウーマン
私 元喪女の鬼女。お酒を飲んで油断すると方言が出る。だいたい大声。

三十路女4人で飲んでて、
出産したての共通の友人の子の名前の話から、
妊活中のAがどっからどう見てもDQNネームをつけたいって言い始めた。

姫紅茶とか樹姫羅蘭とか怒菜留堂とかなんかそんな当て字な名前(フェイク)

さすがに酷すぎる!って止めたけど聞く耳なんて最初から持ってない。

「そんなん児童館とか幼稚園とかにいたら、親子共々遠巻きに見るわ~」
とBがドン引きしつつ止めてた。

でもスイッチ入っちゃってるみたいでやっぱり聞かない。

「Aや旦那さんと同じ日本人顔でその名前はないわ~きつい」
と、Cも苦笑しつつ言ったら、
Aの名前が地味すぎて好きじゃないから子供には今風の名前を付けたい!
と力説してた。(Aの名前も時代的に新しい感じの名前)

BC私の名前の様に、
子の付く名前はダサいらしく、
ケチョンケチョンに言い始めた。

正直その険悪な空気と話が面倒くさくなったのと、
どれだけDQNネームが素晴らしいものか語り続けられても迷惑だし、
Cの様子がおかしかったから思わず、

「ほーか?子供んときゃー可愛いかもしれんが、
姫とか通用するのは10年かそこらじゃろうしね!
いつかヨボヨボの爺婆になるんに、
しわしわのぐっちゃぐちゃな顔で姫とか!
キツいんじゃなかろーかね!樹姫羅蘭バァ89歳とか!
ババァ無理すんな星に帰りんさいって言われても仕方なかろーね!」
等と少しわざといつもより大声で口を滑らせた。

わなわなし始めて突然、
Aが泣きながら妊活がどれだけ大変か・辛いか・自分がどれだけ苦労してるかを語り出す。
といってもまだ2ヶ月かいかないくらい。

B・私「「知ってる、病院通ってる人私たち含めてみんな大変。Aなんてまだまだ序の口だよ」」

C「もっと遊んでたいって言って、
20代の時に浮気なんかして婚約破棄されたりしたからだよ。
婦人病患った時、私を嘲ってたよね?
結婚して少しして妊活してたBのこと、
子供出来ないなんてどっかおかしいんじゃないって馬鹿にしてたよね?

◯子(私)のことだって一生独身の筈がAより先に結婚してムカつく、
子供出来ないのは女として終わってるからだよって言ってたよね?
今の状況はそのツケじゃない?」

そのままCは立ち上がってコートも持たずに1万円置いて鞄持って外に行っちゃったから、
2人分の飲み代をBに渡してCの1万円とコートと自分の荷物持ってCを追いかけて店を出た。

出てすぐの所でCが泣いてたから個室の飲み屋に入って1万円を返して話を聞いたら、
なんかもう耐えられなくなってたらしい。
それで爆発しちゃったんだって。

その後、Aと少し大人なお話をしたらしいBも合流して、
みんなでそっとAをCOすることにしたよ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

29: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)10:44:56 ID:???

こうなるだろうなと思ってたw

兄嫁が相続放棄しろって言ってきたから承諾したよ
別に死んだ親が借金してるわけじゃなかったけど、
たいした資産あるわけでなし
現金もほとんど葬式で使いきったし(後で兄嫁がキレてたw)

介護に通ってたけど
親も居ないならこんな山ん中のだだっぴろいだけの古い家なんか別に要らないし
無駄に広い山林も手入れされてるわけでなし
兄はもうなんもしゃべらんし

「遺産に現金が無い!」
と暴れた兄嫁とさっさと縁切って数年転々としてたら、
親の墓参りの時に父の昔馴染みの人に会った

兄嫁、毎年かかる固定資産税に相当ぶつくさ言ってるらしいwww
つっても年10万もしないかな?

いっつも節約節約あっちのスーパーが10円安かったタバコも酒もダメ
あれもダメこれもダメ言ってる兄嫁には凄いストレスだろうなwww


    このエントリーをはてなブックマークに追加

987: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)10:19:13 ID:HBb

最近したホラーゲームの中で、似たような状況があってふと思い出した。
確か小学5年生くらいの時の話。なんか書いたら長くなった。

私は母に連れられて、同い年の従姉妹のA子と外でご飯を食べて、
その帰りにいきなり見知らぬ場所に連れて行かれた。

なんかそこはすごい混んでて、
駐車場に入るまでにちょっとした渋滞が起きていた。

母に「どこに行くの」と聞くと、
「演奏会があるから聴きに来た」と答えた。

当時の私は大きな音が苦手で、
映画館も演奏会もできれば避けたい場所だった。

母はそれを知っていながら、
「連れてきちゃえば案外大丈夫かも」みたいな感じで連れてきたらしい。

でも私は嫌だから、母と押し問答を繰り返した結果、
隣にある図書館で演奏会が終わるまで待ってることになった。

A子も「私ちゃんが行かないなら行かない。一緒に待ってる」ということで、
とりあえず決着ついた。

相変わらず進まない渋滞の中待ってると、
ふとA子側の窓がコンコン、とノックされた。

2人組の女性で、
A子が「ちょっと前までピアノ習ってた先生だ」というので窓を開けた。

話を聞くと、
「この演奏会のチケットが余ってるから、もし必要なら譲りましょうか?」
ということだった。

ありがたい話ということで、
演奏会会場の前の広場?みたいなところで合流することとなった。

その2人組は白い服を着た人と、黒い服を着た人で、
いまさら名前もわからないので白い人黒い人と呼ぶ。

A子がピアノを習っているというのは白い人で、
黒い人は友人で一緒に来たらしい。

白い人と母はなんかすごい意気投合して、
2人で盛り上がってた。

いざ演奏会の建物前で、
私が「じゃあ図書館で待ってるから」とA子と離れようとすると、
白い人が「え、行かないの?」と呼び止めてきた。

私は「大きい音苦手なんで、図書館で待ってます」と言い、
「A子だけでも行って来たら」と促したんだけど、
当時私の引っ付き虫だったA子は
「私ちゃんがいかないなら行かない」と頑なに拒む。

白い人は「そっかー、じゃあ仕方ないね」と引き下がったんだけど、
黒い人が「演奏会いかないのはもったいない!」と引き止めだした。

せっかく連れてきてもらったんだから聴くべき、
ただで聞けるなんて運がいいのに、
A子ちゃんだって聞きたいのにあなたの我儘で引き止めるのはよくない、
とねちねち。

母も「もったいないわね」というし、
白い人も「とりあえず入って、駄目だったら出ればいい」と言い出す。

なんじゃそりゃ…と思いながら
「A子、聞きたいなら一緒に演奏会行って来たら」と言い残し、
私はさっさと図書館に移動した。

図書館に入ってしばらくすると、A子がやってきて、
「私も図書館にいる」というので、各々黙々と読書していた。

少しすると、隣に誰かが座った。見ると黒い人だった。
「今からでもまだ間に合うから、演奏会聴いてきたら」
「あなたの我儘にA子ちゃんを巻き込んでいるのにはどう思っているの?」
と小声でねちねち。

「A子がいかないのはA子の意思だから」と言っても、
「あなたが行くっていえばA子ちゃんも行くんでしょ」と言う。A子も頷く。

(駄目だこりゃ)と本を戻すふりをして席を立つと、
黒い人も私についてくる。

黒い人は結構身長が高くて、
当時チビだった私からすれば後ろをついてくるだけで恐怖だった。

席に戻ったらまたねちねち言われそうだったので、とりあえず撒こうと、
本を戻した後も探すふりをして歩いた。

トイレに逃げ込んでも同性だから追い詰められそうだし、
車のカギは母が持ってるし、
当時携帯なんて持ってないから連絡取る手段もない。

司書さんに助けを求めても無意味だろうし、
A子はただの引っ付き虫だから当てにならない。

後ろを振り向かなくても、
黒い人の靴の音がかつーんかつーんとついて回っているし、
大げさかもしれんが死ぬほど怖かった。

とりあえず距離を取ろうと、
エレベーターを使って2階に行ったんだけど、
そこには誰もいなくて逆に追い詰められる結果となった。

どうしようともたもたしてると、階段のほうから靴の音。
とっさに学習机の下に身を潜めた。

じっとしていると、黒い人の足が通り過ぎて、
足音が遠くなって、近くなって、また足が見えて、階段を下りて行った。

その後は半泣きになりながらA子を回収し、
図書館にいたらまた見つかると判断し、
演奏会のホール前のドリンクコーナーで演奏会が終わるのをただただ待ってた。

終了後に出てきた母に話を聞くと、
「黒い人は演奏会の途中で用事があるから、と帰った」
「私子のところに行くなんて言ってなかった」と言い、
黒い人に追っかけまわされたことを話すと
「あんたは人見知りだからね」と笑い飛ばされた。

白い人とも既に別れた後で、
なにがどうなってこうなったかは未だにわからない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

753: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)14:03:12 ID:wZK

私にはすごく仲のいいA子がいたんだけど、
ある日唐突に死んでしまった。

交通事故に遭って、その時はぴんぴんしてたんだけど、
夜中に急に容体が変わって誰にも看取られずひっそりと逝ってしまった。

事故に遭ったという報せを聞いて慌てて連絡した時には、
「お見舞いの品は○○のプリンで!」
とか軽口を叩くくらい元気だったのに。

A子は私の2つ上で、放置子だった私を何かと構ってくれて、
面倒見てくれて、実の姉のように思っていた。
これからも二人で行きたい場所やらやりたいことやらたくさんあった。

訃報を聞いた時から、頭の中がずーっとぼんやりして、
自分が泣いてるのか何をしているのかどこにいるのかわからなくなった。

時計がいつも通り時間を刻んでることや
新聞がいつも通りに届くことが無性に許せなかった。

でも時間が経つにつれ、
徐々に普段通りの生活を送れるようになった。

それでも、日常の些細な場面で
「A子はいないのに私は何をしているんだろう」と考え込んだりした。

ある日、目を覚ますとA子がベッド脇の椅子に座っていた。
これは夢かと思っていると、A子は私に気づいて「やっと起きた」と泣いていた。

よく見れば、そこは自分の部屋ではなく病室で、
私は病院のベッドで寝ていた。

結果から言うと、事故に遭ったのは私だった。
プリンを欲しがったのも私で、夜中に容体が変わったのも私。

ただ私は死んだわけではなく、
昏睡状態になっていて、3日ほどで目を覚ました。

A子が死んだのは私の夢の中の話で、
現実のA子はずっと私を心配してくれていた。

A子からすれば私は無事だったし、
私からすればA子が生きていて良かった話なんだけど、
A子が死んだときの感情があまりにもリアルすぎて、
たまにどっちが現実かわからなくなる。

あんなに苦しくて辛かったのが夢なら、
A子が生きているこっちだって夢で、
唐突に夢から覚めてまた違う現実があるんじゃないかと怖くなる。

カウンセリングにも通ってるけど、
目が覚めた時の足元から現実が崩れ行く感触が忘れられない。

目が覚めた時もスレタイだけど、現在進行形でもスレタイ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

965: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)12:01:25 ID:wb5

流れ読まず失礼。
初カキコのためご無礼あったら申し訳ありません。

15年続いても素人感が抜けない町民劇団をやっている。
練習にまったく来ないメンヘラアスペ女がSNSやブログで嘘大盛り、
女優なアテクシを呟いているのを観察中。


稽古疲れた <今日も来なかった

稽古から帰ってきて玄関でぶっ倒れて寝てたー <今日もry

黙っていればキレイとメイクさんに言われた/// <メイクさん不在ワロス。そして今日ry

装置担当さんとじゃれていたら皆から結婚したらと言われた/// <装置担当彼女持ち。そしてry

千秋楽、全力で頑張ります! <1日のみの公演にも千秋楽って使うのかな?

主役3人とアフター会してきました <お前主役じゃねーじゃん

仕事忙しい(>_<) <ずっとニートしてるとお前の実母から直に聞いたが

人生初のツインテ。演出に本番直前で言われた!でも20代でツインテは犯罪だミャ <誰も…。そして20代つーかもうすぐ30だろ。

公演のTV放送日忘れてて…録画できなかった。(フォロワーに)だから送れないんだゴメンね <隣の市の市民劇。ネコの手助っ人をドタキャンで、かけらも映る要因がない。

取材はいった(>_<) <地元新聞の地元欄。こんな時だけ通常比1.5倍フルメイクで定時出勤。でも写真映ってなかったワロタ

事実を知らなければどんだけ活躍してる舞台役者かと思う書き込みっぷり。

本当に本人なのか?別人じゃねーのか?自分をと疑いたくなった時もある。
劇団の友達に「こんなこと言ってやがる」と教える自分が、
まるでヤツが嫌いすぎての嘘を並べているような錯覚に陥る。

ポルナレフ状態とはまさにこのこと!
だけどブログの犯罪☆ツインテ(ハァト)自撮りは目元隠していても間違えようがないコイツですありがとう。

本番前の1週間しか練習来なくて、
最後の通し稽古はほぼコイツの立ち位置確認で終わった。

練習に来ても今まで一生懸命練習してきた役者に斜め上の演技指導。
お前は演出じゃない。

本番は独りだけテンションぶっ飛んだ演じっぷりで、
他の役者との協調性がない。<演出の演技指導を聞かないから。

リハ―サルのカーテンコールで
最近引退したアイドルグループの子がやるという
うさちゃんピースをかましていた時は気持ち悪さで吐きそうになった。<さすがに怒られてた。

「芝居に命かけてるってわかった…っ」<おまいう

そんなに演劇人アピールするならば、
舞台映画ラジオに出演TV取材されたその情報をお得意のSNSでドヤァと宣伝すりゃ―いいものを、
劇団名もなし映画名もなし何のラジオかも言わないで

「見かけたらよろしく☆彡ミャ」
どこで見かければいいというのかそれ以前に嘘だしね分かってた。

もしかしたら劇団掛け持ちしていてSNSで呟いている劇団は
うちの劇団ではないのかもしれない。

だったらこんな田舎の零細劇団さっさと辞めてもらって構わないよ!
うんでもメガ盛りな話なの分かってる。

コイツが参加していることでデメリットあってもメリット皆無。
稽古場に登場すると今まで和んでた空気が部外者でも分かっちゃうくらい一転する。

ストレス溜まってきた劇団メンバーで座長にコイツの進退について意見するも、
「一度信じた仲間を見捨てることはできない。それが家族をテーマに公演を続けてきた我が劇団だ」と美談っぽく語り涙していた。

信じて配役した結果がこのザマであること幾数回。
バカとしか。
腫れもの大事にしすぎて他の劇団員の意見捨てやがったこの座長の神経もさっぱりわからん。

そして毎回憤怒すると分かってて
コイツのSNSをチェックしている自分の神経もどうにかしていた。

精神保全のために観察辞めて、最後にイタチっ屁で吐き出しカキコ。
ついでに改善ならんなら劇団見放しちゃってもいいやと吹っ切れた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

958: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)18:17:32 ID:f0m

ある時、うちの会社で派遣社員を大量募集した。
採用したのは20~40代の女性10人くらいだったんだけど、
その中の20代後半女性2人(Aさん・Bさんとする)が突出して優秀だった。

他の派遣さんたちが10説明してやっと3理解するっていうレベルなのに、
その2人だけは3説明すればなぜか10理解する。

初めての業務について説明しても、
他の派遣さんたちは最初は内容すら理解できてない様子なんだけど、
2人だけは耳で聞くのと同時に全体像を理解して、
説明の最中に

「じゃあこういう時はどうするんですか?」
と複数のパターンを一瞬で想定して質問を飛ばしてくる。

IQが高いってこういう人たちのことだと思ったよ。
2人はあっという間にその辺の正社員より仕事ができるようになった。

なんでこんな賢い人たちが派遣なんかやってるのかと不思議だったけど。
あとで聞いたら、Aさん(既婚)はなんと東大卒。

ご主人の転勤に伴ってAさんは前の会社を退職し、
新天地で何でもいいから仕事探してたんだと。

Bさん(独身)も有名私大卒。
大手証券会社に就職したけど、激務で疲れたから、
ちょっと休憩しようと転職したんだと。

思いがけず優秀な人材をゲットしてしまったうちの会社は、
当然2人を大事にした。

Aさんは居眠りしてたり、
Bさんはトイレ休憩が多かったりしたけど、
他の人の10倍くらい役に立ってることには変わりないので、
そんなにお咎めは無かった。

仕事も速いので、
仕事量としても他の人の2倍くらいこなしてた。

その貢献度の凄まじさから、
派遣社員の中で2人だけ時給が上がった。
半年後には、2人だけ正社員に昇格。

2人とも業務に関することでは上司にズバズバ物を言うんだけど、
若くてわりと可愛いし、
普段はニコニコ愛想がいいので、
管理職のおじさんたちにも気に入られてた。

で、同期の他の派遣社員たちから妬まれたんだよね。
もう休憩室なんかで集まると、2人の悪口三昧。

中心になって悪口を言ってたのは30代後半のCさんだった。
他にも、Aさんが作成中の業務マニュアルのデータがなぜか削除されてたり、
Bさん担当の仕事の書類がなぜかシュレッダーかける不要書類の中から発見されたり、

確証はないけどおそらくCさんたちがやったんだろうな・・・と。
ちなみに、2人は何をされても何を言われても、特に気にしてなかった。

さすがに業務に支障が出るようなことは困るので、
会社側も注意しようかと迷ってた矢先、
突然Cさん+取り巻き6人が全員退職した。

その時は理由は知らなかったんだけど、
数年経った最近、街で偶然Cさんに会った時に
一方的にまくしたてられた。

「特定の人だけを特別扱い、えこひいきする会社なんかにいられない」
「一気に7人もいなくなって、人手不足で困ればいい、ざまー見ろ」
というのが退職理由だったんだって。

残念ながら、AさんBさんだけで7人分くらいの穴は埋められるので、
会社はあまり困らなかった。
むしろ人件費節約できてラッキーだったんじゃないかな。

Cさんたち自身に不利益があったわけじゃないのに、
優秀な人に勝手に嫉妬して会社を辞めるなんて
神経分からんと思った。


このページのトップヘ