キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

2018年03月

    このエントリーをはてなブックマークに追加

156: 名無しさん@おーぷん 2015/08/28(金)12:49:22 ID:Zed

20年近く前、夫の転勤に伴って、
とある地方都市に引っ越した。

住み始めてしばらくして、
駅の近くに小さな公園に、いつもお婆さんがいることに気づいた。

車で通りかかるたびに、
なんかあの人いるもいるなぁと不思議に思ってたんだけど
ある時深夜に通りかかったら、
お婆さんが公園のベンチで寝ていてびっくりした。

思わず、近くの交番に行ってお巡りさんに言ったら
「はいはい、大丈夫です」
みたいな反応されるだけで、
????となりながら帰宅した。

その後もお婆さんは公園にいた。
真冬でも、着ぶくれしてダンボール巻きつけて座ってた

女性のホームレス自体はそれまでにも見たことあったけど
ちょっと様子が違う、異様な感じだった。

でも自分にできることはないし、そのまま見ないふりしてた

そこに引っ越してから、同じ転勤族の友達はできたけど
地元の人たちには何となく壁を作られて親しくなれないままだった

それでも翌年、
地元の人といろいろ話す機会があって
公園のお婆さんのことを聞いてみた。

そうしたら
あの人は昔、料亭を経営して羽振りが良かった
地域の人たちは皆知ってる、昔の有名人

いくら昔はいい思いをしても、
ああなったら惨めよね~
と、ニヤニヤしながら、
周りに誰もいないのに妙な小声で教えてくれた

思わず、
え?みんな、知ってる人なのに助けないの?
警察は?行政は?保護しないの?と言ってしまったら
その人は急に怖い顔になって、
これだからよそから来た人は、都会ぶって、
みたいなことをモグモグ言って、
プイッと行ってしまった

それ以後、地元組からは、
壁というよりも明らかな嫌がらせをされるようになった


    このエントリーをはてなブックマークに追加

875: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)11:20:31 ID:syq

事故って入院していた時の話。
病室は2人部屋で、40代のおばさんと一緒だった。

入院した初日にいきなり
「あんた霊感ある?」って聞いてきた。
「いいえ」と答えた。

そしたら
「良かったねぇ。この部屋出るから感じない方がいいかもね」
とニヤリ。

面倒くせーババアだなと思いながら
「ですね」とだけ言ってスルーしていた。

その後も
「事故現場から連れて来たんじゃない?
ずっと背中に男の人が付いてるけど」とか
「そのベッドで死んだ人が死んだことに気付いてないみたいで、
ずっと添い寝してるよ」とか
それらしく抑揚付けて
怖そうに話しかけてくることが何度もあってウザいことウザいこと。

私は霊と言うものを完全否定してるわけじゃないけど、
自分自身が見たことない以上
存在を確認してないので話だけ聞いても怖いともなんとも思わない。

ただ、このババアみたいなやつは大嫌いだ。
本当に見えてるんであれ何であれ、
うるせーよとしか思わない。

で、ある時友達がお見舞いに来てくれるってメールが入ったんで、
軽く打ち合わせをした。

カーテンをして、
隣のベッドにも聞こえるぐらいのヒソヒソ声で

「なんかこの部屋出るんだって」
「出るって何?」

「霊が出るみたい」
「マジで?」

「うん、なんかね、私の回りにいるらしいんだ」
「え?でも私感じないけど?」

「ほんとに?友ちゃん(仮名/その友人)が来てくれるって言うから
見て貰おうと思ってたんだ。
友ちゃん霊感あるし」
「うーん、別に感じないけどなぁ」

「でも私も実は見たんだ」
「何を?」

「この間、夜中に目が覚めたら
その入口の所に白いぼんやりした女の人が立っててさ
ジーッと隣のベッドの方見てたの。
その時の顔がすごく怖くて」
「ああ、どうりで。
私ちゃんには何も感じないけど、
向う側がなんか嫌な感じなんだよね」

次の日、隣のババア、大部屋の方に移って行った。
なんでだろう?よくわかんなーい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

697: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)16:10:24 ID:9Fb

自分にはとても欲しいブランドの靴があって
スニーカーだけど六万円近くもして中々手が出せなかった

バイト代を地道に貯金をして、
やっと買える額が貯まり
ついに念願のスニーカーを買うことが出来た!

彼はそのブランドの靴をずっと欲しがってること、
その為に地道に貯金をしていたことを全部知ってた

デートの日に初めてスニーカーをおろして履いて行った。

彼はあ!その靴!と気付いてくれたけど
次の瞬間、彼は私の靴をぐりぐりぐりっと踏みつけた。

すぐに私が何するの!?!?ひどい!?意味がわからない!!と怒鳴ると
笑いながら

『ホラ俺中高バスケ部じゃんww
新品の靴にこれやっとくと転ばないし長持ちすんだってwwww』と言われた

靴には彼の靴の跡がべったり…しかも泥みたいな汚れ
汚れを見てボロボロ泣いてしまった

そのぐらいで泣くなよ!バスケ部の伝統だし!
汚れは拭けば落ちるだろ!!と怒りながら言われた

その後はショックでよく覚えてないけど、
デートはしないですぐに靴のクリーニングに持って行った。

涙が止まらないままで
店員さんに大丈夫綺麗になりますからと慰められたのを覚えてる

彼からはLINEが沢山きたけど
頑張って買った靴だと知っているのにそんな事をするのが信じられなくてスーッと冷めた。

そんな人とは付き合っていけないと返信をしLINEは放置してる
話し合う気力も湧いてこない

悪気があろうがなかろうが
この気持ちはもう戻らないと思う…


    このエントリーをはてなブックマークに追加

284: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)20:12:53 ID:Zjs

子供の頃、私の母はよく入院していたので
祖母の家から学校に通う事が多かった。

すごく可愛がって貰ったし、
楽しい人だったから大好きだった。

一昨年亡くなったんだが、
偶然Googlのストリートビューに
祖母が庭でお花に水やりしてるところが写ってて
(目の所をちょっとだけボカシが入ってるけど)
時々それを見て祖母を思い出したりしてた。

が、新バージョンに代わってから祖母んち自体が更地になってて寂しい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

221: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)15:32:19 ID:otB

学生時代「オタサーの姫」というのか、
彼氏持ちなのに取り巻きは男の子ばかりで、
抱きついたりベタベタスキンシップとったりするタイプの子がいた。

「男女の友情だよぉ~」と言いつつつ、
その彼女は結局取り巻きくん(彼女持ち)とお互い二股して付き合うようになり、
卒業してすぐに取り巻きくんとでき婚した。

話は全然変わるけど、
私は就職氷河期のおり、人材系の大手に就職した。

なので友人には結構転職の際に
「相談乗って」と言われることも多い。
※あくまで私的なもので業務とは別。

ある日、全然連絡取ってなかった取り巻きくんから相談が来た。

2人の子持ちなのに給料があがらなくて
姫からせっつかれてることをペラペラとしゃべってきた。

聞くところ取り巻きくんは、
スキルはかなり高い方だったと思う。
人当たりもいいし仕事熱心そうだ。

でもそんなタイプでも氷河期ではどこにも雇ってもらえず
薄給激務の弱小零細正社員やフリーターってケースがゴロゴロあったし、
彼もその一人だった。

「こういう求人を受けようと思ってる。」
と言って出されたのは、
なかなか求人を出さない大企業で、
評判も良いところだった。

ただし、入社1年は契約社員だという。
「どう思う?」と言われた。

昇級テーブルもしっかりしてるし、
うちの過去の実績から見ても正社員登用もほぼ確約と言ってよい。

希望者は多いだろうけど、
充分戦えるスキルと実績を彼は持っていたし
受ければ受かるんじゃないかと思う。

あくまで私のカンだけど。

でも、そうは言わなかった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

241: 名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月)09:19:44 ID:y0s

旦那の誕生日祝いはこの数年、
本人のリクエストで決まったお店のバイキングに行ってるんだけど
先日家族で訪れたら「ん?」と思うことばかりだった

値段の割にメニューが豪華でおいしいからいつ行っても満席状態だったのに
先日、土曜の夜に行ったら客入りは半分くらい
料理の種類も以前より格段に少ない

一年前とはだいぶ様子が違うな…と思いながら席についたら
若いお母さんが店員を捕まえて
「ピザもうすぐ焼きあがるって言われて20分は経ってるけどまだなの?」
と聞いた

以前はどんどん料理が運ばれてきて、ピザなんか
「××ピザ焼き上がりました!」
と店員が客席を回って配ってたのにな、と驚いたけど

中年の女店員がお客の質問に対して
「他のお客様からのリクエストも順番にこなしているので
おひとりだけ優先するわけにはいきません。お待ちください」と
えらい上から目線で返すのにもっと驚いた。

料理を食べ始めたら、
カレーも白米も温い通り越して冷たいし
サラダバーの胡瓜の輪切りは不揃いで、
繋がってる状態のもある

パスタは3種あったけど最初は3種全部トマト系、
新しいのが来たと思ったら今度は3種ともクリーム系、と
なんか明らかに以前より店のレベルが落ちてる

それでもお祝いの席だから和やかに食べてたけど、
突然女の人が「なにそれ聞いてませんけど!」と大きい声を出す

なにかと思ったらさっきの女店員が
「普通バイキングではお客様が全部片付けて帰るのが常識です
ちゃんと店員が説明しましたよね?」
とこれまた上から目線で言い返してた

私たちも何年か通ってるけど
皿は普通に置いたまま帰ってたし
他のテーブルでも
「え、お皿自分で下げるの?」
という声があがってた

念のために若い店員を捕まえて聞いたら
「はい、お客様にはご自分で片付けていただくようになってます」というけど
私らもそんなこと聞いてないわよ?と言うと平然とした様子で
「先ほど当店が初めてかどうかお伺いしたら
来たことがあるとおっしゃられたので説明は省略しました」

たしかに何度も来てるけど一年ぶりの来店だ

目立つ張り紙くらいしないとお客にはわからないよ、と旦那が言うと
「レジにご案内の紙を貼っています」とだけ言って逃げていった

支払の時にレジを見たけど、
レジの機械の値段表示されるところの下に
「食後の片づけはセルフでお願いしています」
って小さい紙が貼られてるだけ

あんまりひどかったからママ友に話したら、
「噂だけどあそこはオーナーの愛人が店を仕切るようになって
開店当初からずっといた料理人とベテランスタッフが揃って辞めたらしい」
と教えてくれた

人間関係のゴタゴタが店の運営にそのまま出ちゃったのかな
とにかく我が家はもう二度と行かない


    このエントリーをはてなブックマークに追加

867: 名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日)21:16:59 ID:i7G

一年ほど前までうちの会社にいた派遣がやった
結局復讐になったこと

その派遣は特別使えるわけではなかったけど
とにかく病欠など突発休みが無かった

そのかわりというか毎日のようにちょっとしたミスをする

まぁ、大きな事でもないし修正に手間もそんなにかからないし
そもそもそいつがやってる仕事は社員だって手に余るもの

それが気に入らない社員が数名
そのうち必要以上に責めるようになる
休憩室も近づかせない

うちの会社では契約なのか本人からの希望か
相当大きな問題でも起こさない限りは辞めさせることができないという状況

抑えきれなかったのか
社員の一人が派遣に辞めるように説得するとあっさり了承

派遣本人曰く
「俺が理由で皆さんに迷惑をかけているのなら仕方ない」とのこと

で、勤務最終日に社員の一人が派遣に
「お前こんなんじゃ次の仕事なんて見つからないよなwwwのたれ死ぬの?www」
なんて言い出すと
派遣がスマホを取り出して画面を見せてくる

モバイルバンキングで貯蓄額を見るとなんと8億円ほど
この派遣は以前にロト7で一等を当てた人

元々人並みに仕事ができないと自覚していたが
こんな金で生活していくのはなんとなく完全なダメ人間になるんじゃないかと懸念して
あまり使わないでいたらしい

そうして辞めて行ったが
その後社員は喜ぶどころか馬鹿にしていた相手が
実はそう簡単には超えられないほどの金持ちだったという事実が発覚し
そのことがあるまでは給料日にはテンション高かったのが
現在では給料日になるとお葬式のようにテンションが低くなるという事態になった

本人は自覚してないだろうけど
馬鹿にしていた社員には相当なダメージを与えていったという・・・

俺的にはもともと気に入らない人たちだったんでちょっとスッキリ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

310: 名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日)23:10:39 ID:XL1

幼稚園のママ友でグループLINEをやってる。
事務連絡以外にも、育児関係だったり雑談したりするグループ。
グループなので私個人と関わりの薄い人も多数いる。

あるとき、私が好きで使ってるメジェド様のスタンプを使った。
すると、それまでほとんど会話にも私にも関わってなかったママAが反応

A「それメジェドだよね?スタンプになってたなんて知らなかった」
私「そうですよ~、使いやすいので愛用してます」

メジェド様を知ってる人がいることに驚きつつも、
メジェド様について軽く話してた。

私とAしか話してなかったので少し気まずかったが、
ここまでは普通だったんだ。

話も一段落してきて、
そろそろ終わりだなーとか考えてるころに
Aのセコケチが姿を現した。

A「じゃぁ待ってるね」

私には何のことかわからない。
ほぼ初対面だし、もちろん何かの約束なんてしてない。

なんて返したらいいかわからず、
少し経ってから返事をした。

私「えーと…何かありましたっけ?すみません」
A「メジェドのスタンプ待ってるねってこと」

あぁ、メジェド様のスタンプをもっと見たいのか…と納得し、
いくつかスタンプを押した。

しかしこの判断は間違っていたらしい。
しばらく経って、Aからメッセージが飛んできた。

A「私さんまだー?待ってるのに」
私「あれ?送りませんでした?エラーかな…」

A「来てないよー私も使いたいんだから早めにお願いね」

固まる私。

そう、先ほどの「待ってる」は
スタンプをプレゼントしろという意味だったようだ。

さすがに意味がわからず
ムッとして少し強めに返事。

私「どうして私が買うんですかー?
120円なのでご自分で購入してください」

A「いやいや、薦めて来たのはそっちでしょ?
120円ぐらいでケチらないでよ」

A「同じメジェド好きなんだしそれくらいいいじゃん…
メジェドも喜ぶからさ」

なんというブーメラン。
そもそも私は薦めてない。

そしてアナタと同じにしないでほしい。
アナタが使ってもメジェド様は絶対に喜ばない。

確かに120円ぐらいすぐに出せるが、
こんな奴に買うぐらいなら近所の子にジュースでも奢る。

私「とにかく私が買う理由は無いので、すみません」
A「じゃぁもういいよケチ!」

そう言い残して去っていった。

Aが本性を表している様子は個別チャットなので、
ママ友グループは誰も知らない。

Aに関する噂が流れるでもなく、
リアルではそれほど関わらないため
何事もなかったかのよう。

120円をめぐるこんな小さなことをわざわざ言いふらすのもアレなので
ここに愚痴らせていただきました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

365: 名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日)16:07:45 ID:0EZ

絶縁した義父がボケたせいか何なのか、
絶縁したのを忘れて?自己満足のために
腐った枝豆と全て房から外れた巨峰を送ってきた。

我が家には接触するなと夫からも何度も言っているのに!

お前は大好きな義兄の近くに住んでいるんだからそれで満足だろ?

絶縁の時ですら、怒りを抑えるのに何か月もかかって
ようやく心穏やかに過ごしていたのに、
奴らの存在を思い出させられて本当に不快。

怒りで動悸が治まらなくなってしまった。

こういう年寄りって本当に迷惑だね。
全部自分がしたいからする…で
相手の気持ちなんかどうでも良いんだろうね。

そんであと数年で幸せな気分で死んでいくんでしょ?
嫌がらせされてるこっちはあと何十年も生きて行かないといけないのに、
何でこちらの平穏な生活を邪魔するの?ホントいい加減にして欲しい!


    このエントリーをはてなブックマークに追加

186: 名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日)18:21:44 ID:P8r

初めて書き込みます、
フェイクありなので不自然なところがあったらごめんなさい。
長いです。

人にとっては衝撃的でもなんでもないかも知れないけど、
仲が良いと思っていた同僚に裏切られていた事。

私が過去いた部署に入ってきた中途A&新卒Bの女の子二人。

どちらもきちんとしたお嬢さんで勤務態度も良好。
仕事を教えるのも楽しくて私の方がずっと歳も上だけどすぐ仲良くなった。

職場外で会ったりする事はなかったけど、
手作りのお菓子を交換したり、
残業で終電を逃した二人を車通勤の自分が送ってあげたり、
同期で入ってきた他の子たちとの人間関係に悩んでると相談に乗ったりしていた。

そんな日々のある春、
Aさんが部署のリーダーに抜擢された。

私の会社は勤続年数ではなく、
個人の技量や伸びると期待されている人を選ぶタイプの会社だったので、
先輩の私から見てもAさんは真面目で頭も良くテキパキとしており
上司が期待するのも当然だと思っていた。

また、だらしないけど
私は人の上に立って指示したりするタイプではないと自覚していたので
大役が回ってこなくてラッキーくらいに思っていた。


このページのトップヘ