キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

キチママ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

415: 1/2 2015/09/29(火)16:26:46 ID:UYL

誰かに聞いてもらいたくて書きます。
当方、まだガキんちょなので駄文で読みにくかったらごめんなさい。

私は父子家庭で、父と二人で住んでいて、
母は行方が分からないと小さいときに父から聞いていました。

父は何でもできる人で、
仕事が終わって家に帰り夕食を作り、
洗濯も掃除もこなして、朝は朝食もお弁当も。

参観日や面談も必ず来てくれて、
母がいなくて困ったことは一度もありません。

中学生の頃に、ふと
「母はどこに行ったのだろう」とか
「私と父は全然似ていないな」と思い、
ずるいですが父の友人に聞いてみました。

話をはぐらかされまくりましたが、
しつこく聞きました。

私の母は父と付き合っているときに妊娠したらしいのですが、
浮気をしていて、それを知らず父は母と結婚。

私が生まれた後に母の浮気がばれ、
DNA鑑定をした結果、
私は浮気相手の子供だったそうです。

そのあと母が浮気相手と逃げてしまい離婚して、
父がそれから一人で育てている、とのことでした。

何となく父が本当の父ではないんじゃないかと思っていたので、
ショックは受けませんでしたが
父はどういう気持ちで私を育ててきたのだろうと思い、
今年の春無事に高校生になれてから意を決して聞いてみました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

526: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)19:58:11 ID:dAC

気団に書くか迷ったけど
色々な立場の意見が聞きたいので 相談します

自分 35歳 在宅で仕事してる
嫁 32歳 主婦
第一子を出産して実家に一ヶ月ほど滞在中
結婚して1年程

嫁が実家にいる間に羽を伸ばしたいのと
一人でご飯を食べるのが寂しく感じるので
行きつけの呑み屋で頻繁に呑んでいる状況。

そこで嫁が色々やらかしていたのを知ってしまいました。

その店は嫁と付き合う前から通っていて
自分で言うのもなんですが
自分は盛り上げ役として老若男女問わずまあ好かれるタイプ。

なので常連同士の関係も良好。

嫁はやきもち妬きで、
付き合いだして束縛したいのかその店に一緒に行くようになり、
その後もお店で結婚祝いや懐妊祝いをしてもらったので嫁も受け入れられてる、、と思ったら
一人で飲みに来る常連の女性(嫁より年下)に執拗に嫌がらせをしていた。

その女性だけではなく
店の女将さん(30歳以上年上)にも嫉妬をして色々と言ったり、
とにかく女性客に嫌な態度をしていたらしい。

お恥ずかしいが自分はまったく気付かなかった
というよりは周りが自分に気づかないよう気を使っていてくれたが正しいです。

それを知ったのは店で年下女性に会った時
自分が一人で通っていた当初は
常連同士で普通に会話していたのに
嫁と通いだしてから一切話さなくなった、

そして繋がっていたFBもいつの間にか切られていて、
恥ずかしながら自分は
「もしかして自分に少し気があったのでは?」
と思ってました。

ですが、久々に話しかけたら普通の対応なので
「無視されてたし嫌われてんのかと思ったわー」
と何の気なしに言ったら、
年下女性はムッとして女将さんが止めに入ってきたものの
「我慢ならないから言わせてもらう」
と聞かされました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

26: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)11:50:05 ID:Uy2

うちの職場は客商売なので、
巷が連休となればありがたいことに忙しくなる。

連休初日の朝にパート女性のAさんが体調が悪いので休むと連絡があった。

めったに休む人ではないし、体調が悪いなら仕方ないと、
他のパートさん達とも手分けしながらなんとか一日を乗り切った。

次の日Aさんが普通通りに出勤してきたのだが、
仕事開始と同時に姿がみえなくなった。

連休二日目ってこともあり、
てんやわんやでAさんを探すヒマもなく昼になり
交代休憩の時間になったところでひょっこりAさんが出てきた。

どこにいたのか問いただすと、
倉庫の奥、邪魔にならない所で休んでいたと。

仕事にならない程体調悪いのか?
だったら今日はもう帰りなさいと言うと、
「帰ったら早退になるでしょ。給料引かれるでしょ」
と騒ぐAさん。

全く話が噛みわないので、
落ちつかせてからよくよく話を聞いてみると、
朝出勤したとき皆からの
「おはよう。大丈夫?無理しないでね。」
と、まあお約束の挨拶をAさんは脳内で、
「無理しないでね=仕事しなくていい」
と、とんでも変換したらしい。

だから今日は仕事しないで一日を過ごそうと、
表で休むと目立つから奥の見えない所で。
と結論付けたようだった

Aさんには午前中のパート代は出すから
午後は帰宅しなさいと指示。

終業時に他のパートさん達にことのあらましを伝え謝罪し、
やれやれと思った矢先にAさん旦那から電話。

「うちの妻が何もしてないのに昼から帰れと言われ帰って来た。
何があったんだ。」
とえらくご立腹の様子。

やれやれと思いながら上記のことを説明したら、
次の日のAさん旦那菓子折り持って謝罪に来た。

その後Aさん旦那に諭されたのか、
恥ずかしくて顔を出せませんって辞めてしまった。
仕事はできる人だったんだけどね


    このエントリーをはてなブックマークに追加

16: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)23:41:28 ID:wUI

職場のAさんの犬の飼い方がスレタイ。

5年前にパートで入った職場で、
ある人がトイプーを買ったのが発端で犬ブームが到来した。

6人がチワワだのポメラニアンだのパピヨンだのペットショップで買った。

寄ると触ると
「うちのわんこが~」と犬の話ばかり。

ちなみに私は猫を飼っていたので、
話を聞いてるだけだった。

そんな中、Aさんも柴犬を飼った。

仕事が忙しい時だったので、
ひと段落ついた4ヶ月後、
Aさん宅にBさんと柴犬を見に行くことになった。

外で飼っているので
Aさんの案内で庭に行くと、
立ち込めるアンモニア臭。

小屋のそばで蹲っている柴犬。

Aさんを見ても喜ぶわけでもなく、
ぼんやりと顔を向けている感じ。

白目の部分が赤黄色くなってて目やにも凄くて、
目の上が腫れてた。

犬を飼ってない私でも、
一目で病院案件だと思った。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

960: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)20:03:41 ID:Ggw

結婚22年目にして、夫が浮気。
というか夫いわく「本気の、人生最大の恋」。

当時夫47歳。
私41歳。
子供は16と13。

夫はそれまでとても真面目な人で、
お酒は飲みますが、賭け事もせず仕事も皆勤の人でした。

それが「本気の恋」宣言以降、
その女性しか目に入らなくなり
仕事をさぼり、
貯金を湯水のようにその女性に貢ぎ…

私は年甲斐もなく「サレラリ」の状態に入ってしまい、
泣いて夫を引止める日々でした。

子供が気づかないわけもなく、
というか子供の前でも夫は
「恥ずかしいことなどない!」
と隠さなかったため筒抜け。

当然、両家の親も知るところとなり、
家族会議になりました。

夫は「人生唯一の恋に生きたい」と宣言し、
夫親も私親も子供たちも呆れて「もう離婚で」と。

私だけがサレラリが冷めず
「離婚したくない」と粘っていました。

夫は次の話し合いに浮気相手を連れてきて、
浮気相手に土下座させました。

慰謝料も二人合わせてこれくらい払うから別れてくれ!と懇願。

私のことは「二人の仲を引き裂く悪魔」に見えるそうで、
憎々しげに涙をいっぱい溜めて睨んでいました。

「あなたに何の権利があって!」
等も言われました。

私がかたくなになればなるほど、
二人のボルテージは上がっていくようでした。

でも渦中にいる時は気づきませんでした。

何度目かの話し合いが持たれ、
向こうの提示する慰謝料の額もどんどん上がっていました。

ある日、ふっと、
浮気相手の口調が鈍い?顔が渋い?のに気が付きました。

二人が帰ったあと、冷静に提示額を見ると、
浮気相手の出す額がある一定の額を越えたことがわかりました。

ああ、ここがこの人の出せるリミットなんだなと思いました。

そして彼女が現実のリミット額を目の当たりにして、
冷めかけていることもパっと理解しました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

185: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)18:53:00 ID:WbJ

旦那親と同居だったんだが、
義母が亡くなって百日法要が終わった頃から義父の様子がおかしくなった。

最初にあれ?って思ったのは、しょっちゅう探し物をしてて
「何探してるの?」って聞いても言わないの。

黙ってあちこち、それこそ家中探してる。

暫くしたらテレビ見てるから
「見つかったの?」って聞くと無視。

そんなことが何度かあって、
もしかして認知症だったらどうしようって不安になってきた。

そのうち夕焼けを見て
「今日もいい天気になりそうだ」
とか言い出してちょっと待て、みたいな。

人間ドッグは毎年行ってて、
喜寿を迎えても薬ひとつ飲んでない健康自慢の義父だったから
改めて体の健康と認知症は別なんだと思って、
今後の長い介護を思うと正直怖くなった。

だけどそれとは別の想定外の恐怖が訪れた。

ある日、義父に襲われた。

襲うって字面だと強姦みたいなイメージされそうだけど、
そうじゃなくて
たぶん新婚時代に意識が戻ったんじゃないかと思うけど
お代官様の「よいではないか、よいではないか」みたいなあんな感じで抱きついてきた。

私を義母だと思ってたんだろうと思う。
年とっても仲のいい夫婦だったし。

義父は背も低くてガリガリ体型でエスパー伊東みたいな感じだったし(顔は似てないけど)
こっちはガタイがいいから、相手が男でもまともにやりあって負ける気はしなかったが
とにかく突然のことだったからビックリして抵抗してるうちに
アナコンダバイスみたいな感じで義父を押さえつけてた。

今度は義父の方がビックリして一瞬正気に戻ったのか
「怖い嫁じゃあ」とか言いながら逃げた。

漫画みたいな展開だけど、
修羅場と言えば修羅場。

その事があってから、
義父とふたりっきりになるのが怖くて
でも長い時間ひとりにするのも危ないし。

それで夫と相談して
義父には申し訳ないけどホームに入ってもらうことにした。

うちには年頃の娘もいるから。

夫は夫で、
自分の父親が嫁を襲ったってことも
Wでショックだったようだ。

義母が亡くなった時に夫が受け取った保険金、
そのまま投入して
すぐに入れる介護型有料老人ホームを探して入所。

そしたらたった2週間で嚥下事故で亡くなったんだ。

誤解されるといけないので一応書くけど、
事件性はない。
本当の事故。

だけど義叔父からはものすごく批判された。

何も知らない人には、
まだ元気な兄貴(義父)を厄介払いしたように見えたんだと思う。

落ち着いたら説明してもらうように、
夫から義叔父の奥さんにそうなった流れを話したけど。

なんで認知症なんて病気があるんだろう。

義父のこと、決して嫌いではなかった。
むしろ実父よりずっと好きだった。

せめて向こうの世界で又、
義母と仲良く暮らしてたらなと思う。

長くなってすみません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@キチママまとめ 2015/09/11(金) 02:27:53 ID:HI4cYUps

大雨続きで気が弱ったのだろう。
久々に母から電話があった。

居留守をする私。
留守電にメッセージが吹き込まれはじめたから、
耳を塞いで別室に移動する私。

もうね、声も聴きたくないんです。
だって気が変になりそうなんだもの。

母からされたこと。

「お前さえいなきゃ離/婚できるのに!」
と面と向かって言われた。

「お父さんは娘なんかいらなかったのよ。
男の子とキャッチボールするのが夢だったんだから。」
と繰り返し言われた。

母の職場の社員旅行につれていかれ、
夜の宴会場で寝落ちした私の下○身を職場のおやじ共にお披露目する母。
(その瞬間、目が覚めた私は、異常事態に怖すぎて寝たふりしていた。)

毎晩、両親が私の目の前で罵り合うようになり、不眠になった小2の私。
学校でも異常行動おこすようになるも、保健室隔離で担任にも疎まれるだけ。

たぶんうつ発症していた当時の私。
母親、担任、保健の先生の無理解に絶望してなぜか症状おさまる。

異常行動はしなくなったが、
上記の騒動プラス親からのプチ放置で小汚くなった私、
イ/ジ/メの標的になる。

その後もいろいろあるがきりがないので省略。

とにかく母の暴言と過干渉と部分的な放置が延々と続く中、
成人し、就職、結婚。

子供もできて母とは距離を置いて
うまく付き合えるようになったと思っていたのだが…

一昨年、病気発覚でシにかけた母。
不安になったのか、また私に干渉してくるようになった。

頻繁な電話。
でると延々と言いたいことを一方的に言い続ける。
これはまだいい。

嫌なのは延々と私を貶める言葉を吐き続ける時があること。

このパターンの電話をはじめて受けた時は、
母がボケたのではないかと本気で心配したのだが、
健常な父に確認してみたところそんな心配はまるでないそうだ。

定期的に病院通いしているので間違いないだろう。
で、気づいた私。

これはかつて小さかった私が、
母からやられたことと同じじゃないかと。

小さかった私は、
この毒を浴びることで自分の意志というものがまったくない子供だった。

母が「なるといいよ」と言うから学級委員になろうとする私。
母が「あの男の子、かっこいいわね」というからその子が好きになる私。だった。

いざ学級委員になってみたら、
そんな自分がすごく居心地悪くて
「あ、これ、私のやりたいことじゃない」
と気づいて目が覚めたんだけどね。

母は外では明るくて面倒見のいい人と、
多くの人に慕われている。

でも家ではまったく違った。
いつもカリカリイライラ。
私を視界に入れたくないくせに支配したがった。

そして今、母はまた私を操作しようとしているんだと思う。
高校生の子供の母となった私を。

自分の考えを浴びせ続けることで、
私の意志を封じようとしている。

厄介なのが母はそれを無意識にやるってこと。

私がそれを嫌がっている、
迷惑がっているってまったく思ってないんだよね。

悪意なく、悪感情をばら撒き続ける母。

私にとってそれは猛毒なのよ。
もう駄目。
声聞くだけでまじで吐きそうになる。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

8: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)12:51:59 ID:qDf

セコキチに遭遇した。

近所に、小さいけど結構有名なベーグル屋さんがある。

若い奥様一人でやっていて、
天然酵母や国産小麦にこだわっていてとても美味しい。

先日Facebookに、
そのベーグル屋さんが記事を上げていた。

「実家で栗拾いをしてきました。
ひとつひとつ丁寧に剥いてマロングラッセにしましたよ。
明日限定で、マロングラッセのベーグル販売します」

美味しそうだな~!と思い、
翌日買いに行った。

店に着いて例のマロンベーグルと
他のベーグルもいくつかトレーに取りレジに行くと、
前に40歳くらいの女性が並んでいた。

店主の奥様がレジを売っていると、
女性が「ねえあなた」と奥様に声をかけた。

「昨日ねFacebook見たのよ。
これあなたが実家で拾った栗なんでしょ。
そしたら栗の原価はかかってないわよねえ。
だからさ、これプレーンのベーグルと同じ値段じゃないとおかしいのよ、
わかるでしょ。
プレーンの値段で売ってちょうだいよ。」

後ろに並んでた私ポカン。

わかるでしょ?て…。

すると奥様が口を開いた。

「確かに、こちらのベーグルのフィリングは、ほとんど原価がかかっていません。
けれど、プレーンとの100円の差額は、私が栗を拾い、
殻を剥き、甘く艶を出して煮込んだ時間でございます。
もしこちらをお客様召し上がって、
その差額が感じられなかったなら、
その時に100円をお返しさせてくださいませ。」

女性はまだ何かモゴモゴ言おうとしたが、
少し離れたところにいた中学生の女の子が
トコトコ近づいてきた。

どうやら女性の娘さんらしい。

「お母さん、本当にやめなよ…。
私があとで100円あげるから。
他の人も並んでるし…」

そう言われて、
不機嫌そうにお金を払って帰っていった。

「お待たせして申し訳ありません」
と奥様がぺこりと頭を下げた。

職人がかけた手間に払うお金をけちろうだなんて
何を考えているんだろう。

しかも娘さんに
「100円あげるから」とまで言わせるなんて…

ちなみにマロングラッセのベーグルはとてもおいしかった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

386: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)05:00:24 ID:wSf

俺、小中学生の頃、
小児喘息と虚弱体質でガリガリだったから、
喧嘩も弱くイジメられたんだよね。

アダ名は「ホラーマン」。

高校生になって、
喘息はおさまってきたんだけど、
胃弱でやっぱり痩せたまんま。

高校ではイジメはなかったんだけど、
地味キャラだった。

頭も出来もそれなりだったから、
大学の二部にとりあえず進学した。

昼間のバイトは色々探したんだけど、
事務仕事は未経験者不可ばかりだったので、
倉庫会社の軽作業ってのをとりあえずやることにした。

ところがこのバイト、
全然、軽作業じゃない。

すげーハード。

俺は非力で足手まといだったから、
周囲も全然話しかけてこない。

毎日、毎日、トラックから荷降ろしして
パレットに積むことだけを繰り返した。

給料は日払いだから、
いつ辞めてもいいやって気持ちでやっていたら、
非力は非力なりに要領がわかってきて、1ヶ月続いた。

この倉庫のバイトは、
1ヶ月20日以上働くと日給3日分の精勤手当をくれる。

担当の社員さんも驚き
「私さん、精勤?ホントに?凄いねえ」
と言ってくれ、
バイト仲間も
「どうせ3日か1週間で辞めると思ってたけど、やるじゃん」
と言ってくれた。

そこから、バイト仲間とも仲良くなり、
社員さんにもよくしてもらえ、
どんどんバイトが面白くなってきた。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

569: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)02:38:40 ID:FV5

友達と二人で近くの店でご飯食べつつダラダラ喋ってた時のこと

どっかの子供が私らのテーブルに来て
「おいちそーだねぇ!」
と話しかけてきた

「おいちそーだねぇ!」
というコッテコテの子役みたいな口調が個人的に衝撃だった

まだ学生で小さい子供と関わる機会もほとんど無いもんで

ただあんま深く関わらない方がよさそうだなと思い
二人とも適当に子供をスルー

しかし子供は離れず
「おいちそーだねぇ!
あのねあのね、Aちゃんね、いちごしゃんだーいすきなの!」
とマジで劇団員の子役なのかなってレベルの
コテコテな演技がかった子供口調で喋り続け、

それでもほっといたら
「いちごしゃんだいしゅきー!」
と友達のデザートに手を伸ばし
素手でいちごを掴もうとしたので

さすがに「やめてね」と言って
デザートを遠ざけたけど子供は
「Aちゃん、いちごしゃんと仲良しなんだよ!
だからいちごしゃん食べたいなー!」
と食い下がる

仲良しなのに食うのか…
と思ってたら今度は両手で頬をおさえて

「いちごしゃん食べるとAちゃん、
ほっぺたポロン(トロン?)しちゃうんだよぉー!」
マジで劇団ry

記憶で書いてるから細かいディティールは違うかもだけど
とにかく子役みたいな
あざとい口調とドラマみたいな台詞だったのはガチ

この辺でようやく店員さんが気付いて
Aちゃんを親のテーブルに連れてってくれたんだけど
今度はママ同伴で来て、
ママさん謝るのかと思ったら
「うちの子、食いしん坊で~」とニコニコ

「優しいお姉さん達がデザート分けてくれるって
この子すごい喜んでます」とニコニコ

分けるなんて言ってませんよと言っても
「でもこの子すごく喜んでますから~」
言い方悪いけど、
子供にコジキまがいのことさせんなよとイライラした

あんまりこういうことさせない方がいいんじゃないですか?
とやんわりイヤミ言ったら
「みなさん親切な人ばっかりだから~
いつも色んな人に優しくしてもらって~」とニコニコ

どうやら常習っぽくてまた衝撃

ちなみに親子は見た目すごい普通のママと女の子(恐らく幼稚園ぐらい?)

結局Aちゃんはイチゴをゲットできなくて
大泣きしながらママに抱っこされて戻っていき、
私達は店を出た

すみません、と店員さんに謝られたけど
別に店員さんは悪くないしなあ

むしろとっととイチゴあげて
大人しくさせとくべきだったかなと二人で反省

でもそういうのが癖になったまま成長したら
Aちゃんの将来が心配でもあるし、
やっぱりあげなくて良かった気もする

友達が店出てすぐ
「あんなわざとらしい口調の子供ほんとにいるんだね…」
と言ってて
同じこと思ってたのかwと笑ったけど
色々びっくりした出来事だった


このページのトップヘ