キチママのある意味怖い話まとめ

キチママのある意味怖い話まとめました!「え?そんな人本当にいるの?」と思ってしまうようなキチママが世の中に紛れ込んでいます。もしかしたら、あなたの傍にもキチママが…。十分にお気を付けください。

感動

    このエントリーをはてなブックマークに追加

781: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/10/06(日) 15:31:35.96 ID:K3//0SN+

もう十年以上前の話。
近所に有名な放置子女児がいた。

その子が中3?の時、なんと妊娠。
相手は良い年した今でいうニートのたぶん40近いオヤジ。

放置親はふぁびょって近所中大騒ぎになったが、
当の娘はそのオヤジのところにいくと主張。

なんと、オヤジ、結婚して妻子を守りたいと心を入れ替え、就職。
今では良いパパやってる。

オヤジ両親は息子を生まれ変わらせた嫁として下にも置かない扱い。
先日その元女児の弟が徘徊してるのを見たので記念真紀子。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

255: 名無しの心子知らず 2011/02/05(土) 15:03:14 ID:5Y6DZwiC

うろ覚え部分もあり、かなり思い出しながらだから、ヘンな部分が多いかもだけど。
ここ見て思い出した。20年ちょいぐらい前の話。
あの時は、確か、私は4歳かそこらだったと思う。

私の田舎の家には大きな大きな、柿の木が植えてあった。
それをもいで食べるのが、小さな私の楽しみだった。
ある日、外へ出たら、見知らぬ母娘が柿をもいでいた。

「あれ?知ってる人?」
って大きな声で叫んだのは、覚えている。

祖母が直ぐに出てきて、「あらまあ!」と慌てていた。
見知らぬ母は、ツーンとした感じで悪びれもせずに
「こんなにあるんだから、いいじゃない?」
と、開き直る。

そこで、祖母があっけらかんとこう言った。
「アンタ、それ食べるの?いいけど、娘さんには食べさせないでね?」

見知らぬ母は、ぽかんとし、「なんで?」って聞いたら、祖母は、
カラカラと笑い出し、驚きの発言をした。
「いいけど、死ぬよ?それ毒だもの。」

見知らぬ母娘は、「ええっ!」って悲鳴をあげて、柿を投げ捨てて行った。
それを拾い上げて、祖母は
「まだ渋柿だねぇ、もう少しまてば美味しいのが取れるから、
言ってくれりゃさ、おすそ分けできたのに。」
と、袋に詰め始めた。



このページのトップヘ